手札事故(てふだじこ)

 手札の活躍させられたり、使用できるカードが極端に少ない状況の俗称。

 例としては引き直しを行ったにも関わらず初手でグレード1のカードを引けなかったり、トリガーユニットばかりを引いてしまうことが挙げられる。

 デッキ構成や《希望の火 エルモ》などの能力からある程度は回避できる状況ではあるものの、この状況の発生自体を完全に防ぐことは不可能であるのはカードゲームとしての宿命である。

 最低限グレード3までのスムーズなノーマルライドを成功させたいところであり、デッキ構築の段階で特にスペリオルライドの仕組みもなく極端にグレード3のカードの枚数を減らしたり、引き直しで欲張って必要なグレードカード山札に戻すのは避けたいところである。

  • アニメにおいては第24話にて先導アイチが手札事故を発生させている。
    また、森川カツミも使用デッキの都合上、手札事故を多発させており、よくライド事故ガーディアン不足に陥っている。

関連リンク