ブースト/Boost

 グレード0とグレード1のカードが持つ、スキルアイコンで示されるキーワード能力
 上を向いた3本の矢印のスキルアイコンで表される。

 この能力を持つユニット後列リアガードサークルにいて、同じ縦列前列にいるユニットアタックする際、同時にレストすることで、そのバトル中、その前列ユニットパワーにこのユニットパワーを加算する。

 簡単に言えば前列ヴァンガードリアガード問わず)のアタックをサポートする能力

 単体では相手ユニットパワーに届かないユニットも、この能力を持つユニットの力を借りれば大半のアタック行為を有効化できる。
 単体で十分なパワーを持つユニットも、ブーストすることでガードにより多くのシールドを要求することができ、このゲームにおいて欠かすことのできない存在である。 

  • アニメではブーストを「支援」と表現することが度々ある。

厳密な処理について

 ブーストを行なった時、それぞれのユニットは「ブーストしているユニット」「ブーストされているユニット」となり、どちらかが現在置かれているサークルから移動するかクローズステップが終了するまではその状態であり続ける。

 そして、その状態が維持されている間、「ブーストしているユニット」のパワーが「ブーストされているユニット」に加算される。

 (総合ルールver1.09までは「アタックステップでブーストが完了した後は、ブーストしたユニットパワーが変動したりサークルを離れたりしても、ブーストされたユニットパワーは増減しない」というルールだった)

 そのため、バトル中に何らかの要因でブーストしているユニットフィールド外の領域に移動したり、呪縛状態になった場合はブーストによるパワーが減算され、ブーストしているユニットパワーが変動するとブーストされているユニットパワーも変動する。

 ドライブステップ中に誘発する能力《ベルベットボイス レインディア》等)や、ヒールトリガーによってドライブステップ中に能力が無効になり得る永続能力リミットブレイク真剣必殺《聖霊熾天使 ザカリエル》が得る能力等)などが、このルールによって影響を受ける可能性がある。

 また、「あなたカード効果で、このユニットパワーが増加した時」という誘発条件を満たさないことからもわかるように、この能力によるパワーの増加は効果として扱われない。

関連カード

―このユニットがブーストした時

―このユニットが指定のユニットをブーストした時

―このユニットがブーストしたバトル中

―このユニットが指定のユニットをブーストしたバトル中

―このユニットがブーストしたヴァンガードのドライブチェックで指定のカードがでた時

―このユニットがブーストしたバトルの終了時

―このユニットが指定のユニットをブーストしたバトルの終了時

―このユニットがブーストされた時

―このユニットが指定のユニットにブーストされた時

-このユニットが指定のユニットにブーストされて指定のユニットにアタックした時

―このユニットがブーストされているなら

―このユニットが指定のユニットにブーストされているなら

―このユニットがブーストしていたなら

―ブーストされていたなら

―このユニットは指定のユニットをブーストできない

―あなたのユニットはこのユニットをブーストできない

―『ブースト』を得る

―あなたのユニットに『ブースト』を与える

―指定のユニットに『ブースト』を与える

―その他の『ブースト』に関連する能力

関連リンク