ネオネクタール/Neo Nectar

植物や農作物、穀物および伴う薬品の生産と流通を掌握し、全世界の食料の40%以上を支配する超巨大商社。
高い知能と独自の戦闘能力を持つ植物系知性体が集まっており、自然環境維持を重視する。

【ネオネクタールとは?】
豊穣な自然を誇る、緑の国家“ズー”に拠点を置き、農作物の生産や流通を掌握する植物知性体集団。
国外からは、食糧の輸出などを手がける「商社」として認識されていることが多いが、
“ズー”国内の価値観でいえば、主となる守護竜を中心とした「小国家」という認識が近い集団。
高い知能を持つバイオロイドや、森の精霊ドリアードたちが所属しており、自然環境維持に努めている。
彼らの行動原理は「美しく咲き、強く育ち、広く増えよ」。
その活動の一環として、クレイ各国へ食糧や種子の輸出を行っており、結果的に全世界の食糧の40%以上を支配し、
神聖国家をはじめとする同盟諸国の中で、強い発言権を持っているとも言われる。

概要

 双剣覚醒で追加され、単一クラン構築可能となったズー所属のクラン
 花や果物といった植物をモチーフとしたカードが所属している。

 山札からのスペリオルコールを得意とし、加えて類似したカード同士のサポート手段が豊富な傾向にある。

 固有の種族としてバイオロイドドリアードフォレストドラゴンが存在する。これらの種族が大多数を占め、あとはハイビーストが比較的多い。

 設定によると中心部に聖なる大樹「世界樹」が存在しているらしく、“ロイヤルパラディン”の《繚乱の騎士 トゥールーズ》や“ジェネシス”の《宇宙の神器 CEO ユグドラシル》等、ユナイテッドサンクチュアリに所属する一部の人物と縁のあるクランであるようだ。

 《花の銃士》の設定によると“ネオネクタール”には「主」と「守護竜」が存在しており、当代の「守護竜」は《アルボロス・ドラゴン “聖樹”》であるようだが、「主」については言及されていない。カード名から《深翠の主 マスター・ウィステリア》がそれなのかもしれない。

 クラン能力は、『開花(ブルーム)』。

  • アニメ「カードファイト!! ヴァンガード」においては飛田マイなどが、「アジアサーキット編」ではチームバトルウィーヅ、「リンクジョーカー編」では長代マキ、「レギオンメイト編」ではラウル・セラがそれぞれ使用している。
  • アニメ「カードファイト!! ヴァンガードG」においては、安城トコハが使用している。
    • アニメ「カードファイト!! ヴァンガードG NEXT」ではミゲル・トルレスも使用している。

種類別

Gユニット

―15000+

―Gガーディアン

グレード3

―11000

―10000

―9000

グレード2

―10000

―9000

―8000

―7000

グレード1

―8000

―7000

―6000

―5000

グレード0

―6000

―5000

―4000

クリティカルトリガー

―5000

―4000

ドロートリガー

―5000

―4000

スタンドトリガー

―5000

―4000

ヒールトリガー

―5000

-4000

関連リンク