蒼波(そうは)

概要

 「蒼波」のカードとサポートを中心とした【アクアフォース】

 基本的な特性自体は他の【アクアフォース】と変わらないものの、フィニッシャーとなるヴァンガード自身がバトルフェイズ中のスタンド能力を有しており、それらの補助や連携が可能なカードが揃っているのが特徴。

 【アクアフォース】の中でもバトルの回数を稼ぐスタンド能力を有するリアガードが単体でもパワー11000を出せ、ジェネレーションブレイク能力等のタイミングの制限があまりない。
 そのため攻撃速度は【アクアフォース】の中でも随一であり、前述のヴァンガードスタンド能力持ちである事も相まって、その攻撃性は【アクアフォース】の中でもトップクラスと言える。

 難点は他の【アクアフォース】同様の弱点である、うまく前列要員を確保できなかったり、相手ダメージチェックトリガーユニットを出た場合等、ゲームがもつれてしまった場合に強引な巻き返しが狙いにくいという点の他にも、各種誘発条件要件に限らず、コスト効果でも「蒼波」のカードを要求するカードの存在から入れるカードによっては構築上の制限がかかる可能性がある点が挙げられる。

 総じて、如何に素早く必要なリアガードを整え、序盤からの速攻ができるかが構築やプレイングの鍵となる。

構築について

―Gユニット

―「蒼波」を含むグレード3

―「蒼波」を含むグレード2

―「蒼波」を含まないグレード2

―「蒼波」を含むグレード1

―「蒼波」を含まないグレード1

―「蒼波」を含むグレード0

―「蒼波」を含むトリガーユニット

―「蒼波」を含まないトリガーユニット

大まかなタイプ別構築について

このデッキの弱点

関連リンク