十二支刻獣(じゅうにしこくじゅう)

概要

 〈十二支刻獣〉とそのサポートを主体にした【ギアクロニクル】

 基本的には他の【ギアクロニクル】同様、ジェネレーションブレイク能力主体のデッキだが、全クランから見ても珍しい複合種族を主軸に扱う特徴を持つ。

 Gユニットが戦術の基本となるが、《刻獣 デュプレックス・ドラゴン》《刻獣 リワインド・タイガー》等の存在により、序盤の段階からでもある程度動けるデッキでもある。

 Gユニット超越した後に使えるカードは、相手リアガードの処理やタイムリープ等による1:1交換のリアガードスペリオルコールに長けていた一般的な【ギアクロニクル】に対して、デッキトップバインドゾーンからのスペリオルコールリアガードパワーを増やす永続能力等、やや【ゴールドパラディン】に近い能力を持つカードが中心となっている。
 ただし、個々のパワーの増加量は控えめであるものが多く、様々なパワー増加手段を組み合わせて強力なパワーラインを形成していくことになる。

 また、Gユニットハーツ化されたカード種族は得られないので、〈十二支刻獣〉のヴァンガードがいることで満たされる要件を含む能力をを利用する場合は〈十二支刻獣〉に属するGユニットノーマル超越するようにしたい。

構築について

〈十二支刻獣〉のカード

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット

〈十二支刻獣〉以外のカード

―Gユニット

-グレード2

-グレード1

大まかなタイプ別構築について

派生軸

関連リンク