【グレートネイチャー】

概要

 ターンの終了時に退却させる時限誘発が発生する代わりに緩い制限でリアガードパワーを与えることに長けたグレートネイチャーを主体としたデッキ
 ブースターパック獣王爆進」より、クラン統一でデッキ構築が可能になっている。
 それに加えてエンドフェイズ中にリアガードサークルからドロップゾーンに置かれた時に誘発する自動能力を組み合わせてディスアドバンテージを補い、1:1交換以上に繋げるのが基本戦術となる。
 その性質からハイリスクハイリターンなデッキと言える。

構築について

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット

派生軸

このデッキの弱点

 右か左の縦列1つのパワーは極端に上昇しやすいが、それ以外の縦列は中央列を含めて平均値に収まりやすい。

 ヴァンガードによる相手トリガー効果1枚分までを想定したガードを突破しようとする戦術的理由も無い為、極端に強化された縦列に守護者を合わせられたり、余裕のある状態でわざとダメージを受ける事で、シールドの消費が抑えられてしまう。

 また、展開力そのものは悪くないのだが、本格的にアドバンテージを稼ぎ始めるのはリミットブレイクが有効になってからか双闘した後、もしくはGユニット超越した後になるので、ややタイミングが遅い。
 それ以前は《ぐるぐるダックビル》を1枚のリアガードに複数掛けでもしない限り、手札交換程度に収まってしまう。
 ダメージゾーンの3枚止めをされても良いように、またはリミットブレイクを安定して有効する為に《ペイント・オッター》は採用しておいた方が安心。

 また、リアガード依存したギミックである為、ピンポイント退却が行えるデッキとは相性が悪い。
 【たちかぜ】と違い、エンドフェイズ中の退却にしか対応していない為、アドバンテージを稼ぐ前に潰されてしまうと何もできないまま圧倒されかねない。
 キーカードはギリギリまで温存しておくのが得策だろう。

関連リンク