【アクアフォース】

概要

 バトル回数に関する能力を持ち、それにより強力な能力を得るアクアフォースを主体としたデッキ

 バトル1回辺りのパワーを分散してバトル回数増やす独特の戦い方が持ち味。

 1回辺りの要求シールド値が低く、シールド10000やシールド5000刻みのシールドを要求するというより、等しく手札の1枚1枚を要求するといった感覚であり、他のクランとはかなり勝手が違うため、運用には少し慣れが必要となる。

 ゲームメイクのアプローチとしては、手数の多いアタック行為そのものによる相手ディスアドバンテージの蓄積が基本であり、速攻による短期決戦狙い、ガード強要による長期戦狙い、どちらでも構築は可能。

 それぞれの戦術の特徴として、速攻主体は標的であるヴァンガードルールの都合上必ず存在している為安定した立ち回りが可能な反面、カードアドバンテージが稼ぎやすいカードが使いにくくなる傾向が強く、相手による反撃に打たれ弱いことが多い。

 逆にガード強要主体型はカードアドバンテージを稼ぎやすいものの、誘発条件アタックヴァンガードヒットした時となっている場合が多く、相手ダメージゾーンが増えると誘発が難しくなる為、常に存在するとは限らないリアガードへのアタックが優先となり、速攻主体に比べ安定しにくい。

 基本戦術の方向性は主軸に据えるカードに強く依存するが、中核となるバトル回数を稼ぐカードは基本的にどちらの戦術でも共有できる為、構築難易度は跳ね上るが、速攻と長期戦、両ゲームテンポの対応狙いの構築も、不可能ではない。

 要件にその時点でバトル回数を参照する能力は、大きく分けて3回目以降と4回目以降の2種類ある。
 こちらも両立する事は決して不可能ではないが、どちらかに絞った方が構築はしやすいだろう。

構築について

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット

大まかなタイプ別構築について

派生軸

このデッキの弱点

 ヴァンガードが特定のカードに依存し、さらに展開力の増強手段が少ないにもかかわらずリアガードを十分に揃えないと多くのカードが上手く働かなくなるため、安定性には不安が残る。

 また、バトルの回数を増やすことが重要であるデッキゆえ、前列退却スタンド封じ、呪縛される等して、バトル回数稼ぎを妨害されてしまうと、要件を満たすことが難しくなる。

 バトル回数増加のためにブーストなしでのアタックを多用し、ヴァンガードパワー26000ラインが基本になるため、相手ヴァンガードクロスライド等でパワー12000以上となっていると他のデッキ以上に不利になる。

関連リンク