麻酔の守護天使(アナスタシア・セレスティアル) ルマエル/Anesthesia Celestial, Rumael》

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
エンジェルフェザー - エンジェル パワー6000 / シールド5000 / ☆1
【永】【(V)/(R)】:あなたのターン中、あなたのダメージゾーンの表の「執刀の守護天使 アルメン」1枚につき、このユニットのパワー+2000。

 絶禍繚乱で収録されたグレード1のエンジェルフェザー

 《術式の守護天使 バタルヤル》グレード1版。

 最大でパワー14000という非常に強力なブースト要員となる。
 安定性では《サウザンドレイ・ペガサス》に劣る事もあるが、こちらは一度ダメージゾーンに揃えてしまえば、次のターン以降も高いパワーを叩き出せるので単純にどちらが優れているとは言い難い。

 当然、表向きでダメージゾーンにある必要性があるので、カウンターブラストを併用しにくくなるので注意したい。

 類似能力を持つ《礎の守護天使 ハスデヤ》が存在しており、あちらは《団結の守護天使 ザラキエル》を何枚揃えようがパワーは固定だが、1枚のみの場合はあちらが上回る。
 最低でもダメージゾーンに2枚は《執刀の守護天使 アルメン》が欲しいところだろう。

関連カード

ユニット設定

蒼き翼を持つ特殊医療部隊「瑠璃色の守護天使(ラピスラズリ・セレスティアル)」の一員。守護天使随一の執刀医「アルメン」直下の部下であり、彼の優秀な助手。効力の違う麻酔薬を瞬時に処方する薬学の専門家で、その役割も手伝ってか「バタルヤル」以上に「アルメン」の傍で仕事を行う事が多い。戦闘の際は大型の麻酔銃を使用して、敵の捕縛、無力化に努める他、負傷兵の応急処置を行っている。「虹色の麻酔使い(レインボー・アナスタシア)」という通り名があるが、この通称のせいで女性に間違えられる事が多い為、本人は大変迷惑しているという。勤勉な少年だが、症状を細かく聞きすぎるのでなかなか治療に移れなかったり、薬の使用感などをしつこく確認しすぎたりなど、真面目が過ぎて周囲に迷惑をかける事も多い。「バタルヤル」と違い、悪気が無いので自覚させづらいとは「アルメン」談。

FAQ

該当するQ&Aはありません

収録情報

ブースターパック絶禍繚乱BT13/046 C イラスト/藤ちょこ安心して、僕達にまかせてくださいね。