《閃光の盾‎ イゾルデ》(ドロートリガー)

トリガーユニット 【引】+10000(ドロートリガー) 〈0〉 (ブースト)
ロイヤルパラディン - ヒューマン パワー5000 / シールド0 / ☆1
【永】:守護者(守護者を持つカードは合計でデッキに4枚まで入れられる)&
【自】【(G)】:登場時、【コスト】[手札を1枚捨てる]ことで、そのバトル中、あなたのユニット1枚はヒットされない。

 結成!チームQ4で収録されるロイヤルパラディンドロートリガー

 《堅強の騎士 ルノリア》ドロートリガー版。
 そちらと共通する特徴については《堅強の騎士 ルノリア》を参照。

 《堅強の騎士 ルノリア》等との大きな違いはトリガーユニットかつグレード0のカードであることである。
 メインデッキ守護者を入れる際にその枠をトリガーユニットの枠からも捻出できるため、その分ヴァンガードリアガードとして使いたいノーマルユニットメインデッキに入れられる枚数が増え、元々ドロートリガーを入れる予定であれば、トリガーユニットの枠に自然と入れることができる。
 守護者を持たないドロートリガーシールド5000を持つのに対し、こちらが持つのはシールド0であるが、元より守護者シールド5000でアタックヒットを防げない場面を想定してコールするカードであるため、必ず手札2枚を消費しなければならないこちらを利用しても元々のシールド差についてはぼぼ問題にならない。

 また、グレードの違いにより、《蒼嵐覇竜 グローリー・メイルストローム》を始めとしたグレード1以上のカード手札からのガーディアンサークルへのコールを封じる能力に対しては強いが、《サイレント・トム》《蒼嵐水将 デスピナ》の様なグレード0のカード手札からのガーディアンサークルへのノーマルコールを封じる能力には弱いといった差異があるので、一長一短となる。
 特に《静水の祭神 イチキシマ》グレード0のカード手札からのコールGガーディアンによるGゾーンからのスペリオルコールを同時に阻害するので、それらのコール制限への対応力を高めるためにグレードが異なるノーマルユニット守護者と合わせて入れることも考慮しておきたい。

 【ロイヤルパラディン】では、ドロートリガーを頼らずともアドバンテージを確保する手段に恵まれているので、このカードを入れる場合は、守護者によるノーマルユニットの枠の圧迫を緩和できる利点を活かしたい。

関連カード

ユニット設定

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ

該当するQ&Aはありません

収録情報

ブースターパック結成!チームQ4V-BT01/015 RR イラスト:タイキ希望を守り抜くこと。それが閃光の盾の使命。