連接(れんせつ)騎士(きし) ピクトス/Knight of Connection, Pictus》

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
ロイヤルパラディン - ヒューマン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】:[あなたの手札から1枚選び、捨てる] このユニットが(V)か(R)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札から「アルトマイル」を含むカードを1枚まで探し、公開し、このユニットが(V)に登場したなら、(V)に【スタンド】でライドし、(R)に登場したなら、手札に加える。山札をシャッフルする。
【自】【(R)】【Gブレイク】(1) 勇敢(あなたの手札が3枚以下で有効):あなたのバトルフェイズ開始時、そのターン中、このユニットのパワー+5000。

 竜神烈伝で収録されたグレード3のロイヤルパラディン

 1つ目の能力は、ヴァンガードサークルリアガードサークル登場した時に手札1枚のドロップで、山札から「アルトマイル」のカードを1枚まで探し、自身がヴァンガードサークル登場したなら、スタンドライドし、リアガードサークル登場したなら、手札に加える自動能力

 手札1枚をコスト山札から「アルトマイル」のカード登場したサークルに応じてライドしたり、手札に加えることができる。

 ヴァンガードサークル登場した場合は1枚分のディスアドバンテージとなるものの、「アルトマイル」のカードスペリオルライドすることでライド事故の回避が行える。
 副次的にソウルが1枚増えることから《神明の騎士 アルトマイル》《督励の騎士 アルビオン》等のコストが稼げるので、発生したディスアドバンテージはそれらのスペリオルコールで相殺を狙うと良い。

 リアガードサークル登場した場合は、1:1交換で「アルトマイル」のカード手札に加えることができる。
 《月桂の騎士 シシルス》自動能力に近い使い勝手の能力となるが、こちらは《ホープソング・エンジェル》等で山札からスペリオルコールした場合でも機能し、その後は前列で単独パワー16000を狙えるリアガードとして運用可能となるのが主な違いとなる。

 総じて、特定の「アルトマイル」のカードを運用したい場合や前列リアガード要員の確保を狙う上では有用な能力であるものの、このカードを入れることでメインデッキのバランスが崩れたり、メインデッキに入れる「アルトマイル」のカードの枚数が減ってしまい《瞬きの騎士 ミーリウス》《せぷとがる》の安定性の低下に繋がるといった弊害の発生が考えられるので、入れる枚数は上手く調整しておきたい。

 2つ目の能力は、バトルフェイズ開始時にパワー+5000を得るジェネレーションブレイク(1)と勇敢自動能力

 ジェネレーションブレイク(1)と勇敢の制限付きとなるが、誘発に成功すれば単独でパワー16000となる。
 バトルフェイズ開始時の時点でリアガードサークルに置かれている必要があるので《督励の騎士 アルビオン》等で疑似スタンド目的でスペリオルコールするカードとしては不向きだが、ドライブチェック等の誘発後のバトルフェイズ中に発生する手札の枚数の変動の影響を受けないのでヴァンガードよりも後のバトルも担当しやすいのが利点となる。

関連カード

ユニット設定

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ

  • Q3999 (2018-02-23)
    Q. 山札からカードを探した時、山札に当てはまるカードや見つけたいカードがなかった場合はどうしますか?
    A. 何も探さない場合は、そのままシャッフル等その後に指示されている処理を実行してください。
  • Q4003 (2018-04-27)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングにつき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません
  • Q4004 (2018-02-23)
    Q. このカードの能力やコストで公開されたカードはいつまで公開されますか?
    A. 公開されたカードが別の場所に移動するか、他の能力の解決やゲームが進行する前に、公開されたカードを元に戻します。

収録情報

ブースターパック竜神烈伝G-BT14/052 C イラスト/ミヤジマハル主役が登場するまで、相手をさせてもらうよ。