転生竜(てんせいりゅう) ホーリースクワイヤ・ドラゴン/Transmigratory Dragon, Holy Squire Dragon》

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
ロイヤルパラディン - コスモドラゴン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】(お互いのヴァンガードがグレード3以上で解放!) - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【起】【(V)】【ターン1回】:[あなたのGゾーンから裏の「転生竜 ホーリースクワイヤ・ドラゴン」を1枚選び、表にする] あなたのカード名に「アルフレッド」を含むハーツカードがあるなら、あなたの呪縛カードをすべて解呪し、そのターン中、このユニットは『【永】【(V)】:あなたのターン中、あなたのリアガードすべてのパワー+2000。』『【永】【(V)【Gブレイク】(3)(あなたの(V)かGゾーンに表のGユニットが3枚以上で有効):あなたのターン中、あなたのリアガード1枚につき、このユニットのパワー+3000。』を得る。

 先導者と根絶者で収録されたロイヤルパラディンGユニット

 1ターンに1回、Gペルソナブラストで、「アルフレッド」のハーツカードがあるなら、呪縛カードすべてを解呪し、『リアガード全てにパワー+2000を与える永続能力』と『リアガード1枚につきパワー+3000を得るジェネレーションブレイク(3)』を得る起動能力を持つ。

 【アルフレッド】専用だが、呪縛カード解呪した上でリアガードや自身のパワーを増やす2つの永続能力を得られる。

 単発効果解呪は、【リンクジョーカー】以外のデッキに対しては無視することになるがこの効果が付属していることにより、継続効果で得られるリアガードの枚数を揃えることが前提のパワー増加能力呪縛カードによる妨害を受けずに利用することができる。
 同じく解呪する効果が付属している能力を持つ《旋動の賢者 ベルク》と異なり、こちらはリソースが不足していて使えないということがなく、呪縛カードが何枚あっても1回でそのすべてを解呪することができる。
 そもそもこちらが【アルフレッド】ということだけで、このカードを警戒し、相手がこちらのリアガード呪縛に必要以上のリソースを割くことを躊躇う可能性もあるので、存在自体が有効といえる。

 ただし、コストGペルソナブラストを含むことにより、必然的に2枚単位で入れる必要があり、2回の利用を狙うとなるとGデッキを圧迫してしまう欠点を持つ。
 特に【星輝兵】はこちらのリアガードの無力化以上に、こちらの呪縛カードの枚数を要求する能力を利用する関係で解呪を恐れず呪縛する場合があるので、2回使うことに利点があるのも気になりやすい。

 継続効果では、リアガードと自身のパワーをそれぞれ増やす2つの永続能力を獲得できる。
 それぞれリアガードの枚数を多いほど効率が良くなる能力となっているので、《スターホープ・トランペッター》《小さな軍師 マロン》等のスペリオルコール手段を用いてリアガードが5枚揃っている状態での利用が狙えるようにしておきたい。

 1つ目の永続能力では、リアガードすべてのパワーを増やせる。
 1枚辺りの効果量はパワー+2000で固定となるが、リアガード5枚が揃っている場合なら、左列右列には合計パワー+4000を与えられる。

 2つ目の永続能力では、事前に他のGユニット超越またはコールしておく必要があるものの、リアガードの枚数に応じて自身のパワーを増やせる。
 効果量はリアガードが1枚につきパワー+3000となっており、リアガードが5枚揃っているなら合計パワー+15000を得られる。

 永続能力である性質から《炎翼剛獣 ディナイアル・グリフォン》等でリアガードを処理されてしまうとパワーの増加量が減ってしまうことには注意しておく必要があるが、もう1つの永続能力と合わせて全体のパワーを底上げができるので相手ダメージゾーンが4枚以上の段階で利用すればフィニッシュも視野に入れられる。

関連カード

ユニット設定

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ

  • Q1591 (2015-09-25)
    Q. 【ターン1回】の能力を持っているユニットが複数枚いる場合、どれか1つしか使えないのですか?
    A. いいえ、使えます。【ターン1回】の能力は、カードごとにそれぞれ各ターンに1回使うことができます。
  • Q1593 (2015-09-25)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q1602 (2015-09-25)
    Q. 【レスト】状態のユニットが呪縛され、その後に解呪された場合、解呪されたユニットは【レスト】状態ですか?
    A. いいえ、【スタンド】状態です。呪縛カードは、呪縛される時に【スタンド】状態になります。また、呪縛カードの見た目上の配置状態は【スタンド】ですが、呪縛カードには【スタンド】【レスト】の状態はなく、参照されません。
  • Q1603 (2015-09-25)
    Q. あるユニットが「そのターン中、パワー+3000」などの効果を受けていた状態で呪縛され、さらにそのターン中に解呪された場合、受けていた効果はどうなりますか?
    A. 失われます。パワーの増減に限らず、リアガードが呪縛されると、そのユニットに対して影響を及ぼしていた能力の効果は失われます。

収録情報

コミックブースター先導者と根絶者G-CMB01/002 RRR デザイン:コシミズマコト イラスト:ショースケその日、騎士は竜となった――。
G-CMB01/S01 SP デザイン:コシミズマコト イラスト:ショースケ(※なし)