超宇宙勇機(ちょううちゅうヒーロー) エクスファルコン/Super Cosmic Hero, X-falcon》

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
ディメンジョンポリス - バトロイド パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】(お互いのヴァンガードがグレード3以上で解放!) - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】【(V)】:[【カウンターブラスト】(2),あなたの手札から1枚選び、捨てる] このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、このユニットのパワーが45000以上なら、コストを払ってよい。払ったら、相手のリアガードを1枚選び、ダメージゾーンに裏で置く。

  宇宙の咆哮で収録されたディメンジョンポリスGユニット

 アタックヴァンガードヒットした時に自身がパワー45000以上であるなら、カウンターブラスト(2)と手札1枚のドロップ相手リアガード1枚をダメージゾーンに裏で置く自動能力を持つ。

 ダメージ処理が終了し、相手ダメージゾーンが5枚となったタイミングで使えばヒールトリガーによる回復効果の使用も許さずに、相手ダメージゾーンに6枚目のカードを置いて確実なフィニッシュに持ち込める強力な効果である。

 同時に1:1交換で相手リアガードを再利用が難しい形で減らし、裏で置くことでカウンターブラストへの利用も防止できる。
 アドバンテージ面の性能もそう悪くなく、相手ダメージゾーンが少ない段階でも十分にガード強要として成立する。

 しかしその分要件の達成が難しく、パワー11000のハーツカードからパワーを得ていると仮定しても、それとは別にパワー+19000上を与える必要がある。

 パワー7000のユニットブーストすると仮定した場合はパワー+12000以上、《宇宙勇機 グランレンジャー》等の能力を利用する場合でもパワー+9000以上を与える必要があり、他のカードによるサポートはほぼ必須となる。

 《大宇宙勇機 グランギャロップ》Gユニット超越した時の能力を活用しつつ、それとは別に何らかの効果ブーストで合計パワー+10000を与えればその時点でパワー40000、残りはパワー+5000となり、《宇宙勇機 グランビート》能力トリガー効果1枚分で達成できるようになる。
 トリガー効果が発動せず、要件を満たせないまま誘発条件を満たした場合でも余ったコスト《大宇宙勇機 グランギャロップ》が与えるドロー能力を使う、といった対応もできる。

  • アニメ「カードファイト!! ヴァンガードG」では、第22話で登場した子供が新しく手に入れたカードとして登場している。

関連カード

ユニット設定

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ

  • Q1209 (2015-03-12)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q1211 (2015-03-12)
    Q. [ ]の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[ ]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。
  • Q1215 (2015-03-12)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q1222 (2015-03-12)
    Q. この効果で、相手のトリガーユニットを選びダメージゾーンに置いた場合、トリガー効果は発動しますか?
    A. いいえ、発動しません。
  • Q1223 (2015-03-12)
    Q. 「ヒットした時、パワーが○○以上」という条件は、トリガーで増加したパワーも含まれますか?
    A. はい、含まれます。

収録情報

エクストラブースター宇宙の咆哮G-EB01/005 RRR イラスト/NINNINやっと理解できたようですね。そう、これで終わりです。
G-EB01/S04 SP イラスト/NINNIN私は愚か者と悪党が嫌いです。貴方は両方みたいですね。