覚醒を待つ竜(ドラグハート) ルアード/Dragheart, Luard》

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
シャドウパラディン - エルフ パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】儀式3(あなたのドロップゾーンにグレード1が3枚以上で有効):[あなたのドロップゾーンからノーマルユニットを2枚選び、山札の下に好きな順番で置く] あなたのライドフェイズ開始時、コストを払ってよい。払ったら、そのターン中、あなたは次の【超越】のコストを払わずに【超越】できる。
【自】【(V)】:[【カウンターブラスト】(1),あなたのリアガードを1枚選び、退却させる] あなたのターン中、あなたのGユニットが【超越】した時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札からグレード1以下のカードを2枚まで探し、別々の(R)にコールし、山札をシャッフルする。

 竜魔道の儀式で収録されたグレード3のシャドウパラディン

 1つ目の能力は、ライドフェイズ開始時にドロップゾーンからノーマルユニット2枚をデッキボトムに置く儀式3の自動能力

 儀式3の制限の存在と誘発タイミングの関係からこのカードノーマルライドしたターンでの利用ができない点には注意が必要となるが、ドロップゾーンノーマルユニット2枚を消費することで超越スキルコストを払わずにノーマル超越できることから、Gユニットドライブチェックによって純粋に手札を増やすことができ、手札の使い方もノーマル超越コストに囚われなくなるので非常に強力である。

 コストにできるのはノーマルユニットに限定されているが、2つ目の自動能力等のグレード1以下のスペリオルコールの他、各種ドロースペリオルコール手段によって山札を消耗しやすい【儀式】等のデッキではデッキアウトのリスクを軽減する手段として活用できる。
 ただし、グレード1のカードデッキボトム送りにし過ぎて、他の儀式能力の有効化を阻害したり、《天空を舞う竜 ルアード》自動能力継続効果効果量の減少に繋がることも考えられるので、コストは慎重に選びたい。

 2つ目の能力は、カウンターブラスト(1)とリアガード1枚の退却で、山札からグレード1以下のカードを2枚までスペリオルコールするストライドスキル

 1:2交換の効率でグレード1以下のカード2枚のスペリオルコールが行え、コスト《アビサル・オウル》《秘められし才気 ルート》等の能力誘発の起点となる。

 《竜刻守護者 エスラス》を2枚スペリオルコールした場合には、《黒炎をまとう竜 オグマ》《蒼棘の重断 ヴァルデマル》等の能力効果コストでそれらを退却《竜刻守護者 エスラス》コスト《ベリアルオウル》《鉄塊の騎士 クラフティネ》退却と繋げることで、手札《竜刻守護者 エスラス》を含む2枚を加えてアドバンテージを稼ぐコンボが狙いやすくなる。

 1つ目の自動能力によってドロップゾーンからデッキボトムに置いたグレード1以下のノーマルユニットスペリオルコールすることもできるので、それを利用すれば常に同じカードスペリオルコールし続けることも可能なため高い安定性を発揮できる。

関連カード

ユニット設定

“シャドウパラディン”で調査されている秘術「竜刻変化(ドラグシフト)」の研究者、「竜刻魔道士(ドラグウィザード)」の1人。本来は習得に数年を要するという竜刻変化の基礎「左腕の竜」を半年足らずで成し遂げた偉才の持ち主であり、竜刻魔道士の中でも指折りの実力者。もともとは孤児であり、ある“シャドウパラディン”の騎士に拾われたことがきっかけで騎士団入りを果たす。その後は自分を拾ってくれた騎士を兄と慕い、彼のような強い男になるべく剣の腕を磨いていたが、何者かの手によってその騎士が殺害されたことで、彼の人生も激変する。彼はより短時間で強い力を得るべく、剣を捨て、秘術の研究に手を染めたのである。そして皮肉にも、彼の才能はそこで開花した。自分に竜刻変化の才があることを確信した彼は、さらなる竜の力を求め、研究と調査の日々に没頭していく。すべては、顔も名前も知らぬ敵への復讐を果たすために。

【ルアードの調査日誌(シャドウパラディンの竜について)】
“シャドウパラディン”に伝わる竜の伝承や記録は、記憶に新しいものが多い。有名なものをいくつかあげるのであれば「最初の“シャドウパラディン”を創った盟主にして、聖域で大規模な内乱を起こしたファントム・ブラスター・ドラゴン」、「かつて守護竜であったファントム・ブラスター・ドラゴンに仕え、今は守護竜を支える影を務める竜の騎士レイジングフォーム・ドラゴン」、「(この項目は斜線で消されている)」「撃退者の主であり、光の魂と闇の力を携えし幽幻の竜ドラグルーラー・ファントム」、そして最も記憶に新しい「聖域を手中に収め、叶わぬ覇道を夢見て朽ちた竜クラレットソード・ドラゴン」。他にもさまざまな伝承があるが、概ねこんなところだろう。他の国の竜伝承についても調査が進み次第、この日誌に書き加えていくことにする。

【ルアードの調査日誌(帝国の暴竜・・・・・・と思しき竜)】
今日はある事件に巻き込まれて散々な目にあったが、それ以上に貴重な経験をした。信じられないかもしれないが、俺は時を超えて、「帝国の暴竜」を目にしたのだ。まず最初に記しておく。あれは、俺の知っているドラゴンじゃない。ドラゴンの姿をした・・・・・・何かもっと、恐ろしい存在だ。犬の姿だったせいもあるかもしれないが、ドラゴンを前にして足が震えたのは、生まれて初めてだった。現代でも「ドラゴニック・オーバーロード」という名前だけは広まっているが、隠居したのか死んだのか、表舞台に出てきたことは1度もない生きた伝説のような話だった。そう考えると、この経験はとんでもない拾い物だ。なにより、頭に血が上ってた俺にはいい薬だったのかもしれない。ウルルと、竜?かよくわからん生き物には感謝しないとな。さて、暴竜についてはここじゃ書ききれない。あとで研究室に戻って、当時の状況を含めてまとめることにする。

FAQ

  • Q2719 (2016-11-10)
    Q. 山札からカードを探した時、山札に当てはまるカードや見つけたいカードがなかった場合はどうしますか?
    A. 何も探さない場合は、そのままシャッフル等その後に指示されている処理を実行してください。
  • Q2721 (2016-11-10)
    Q. []の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。
  • Q2722 (2016-11-10)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q2728 (2016-11-10)
    Q. すでにユニットが置かれているリアガードサークルにもコールできるのですか?
    A. はい、できます。その場合、もともと置かれていたユニットは退却します。
  • Q2729 (2016-11-10)
    Q. 儀式とは何ですか?
    A. 儀式とは、あなたのドロップゾーンにあるグレード1のカードの枚数を参照し、指定された枚数以上なら有効になる能力です。
  • Q2730 (2016-11-10)
    Q. 自動や起動の儀式能力を解決したあと、ドロップゾーンのグレード1のカードが指定の枚数未満になった場合、効果は失われますか?
    A. いいえ、特に記述されていない限り失われません。自動であれば誘発時、起動であればコストを支払う段階でドロップゾーンのグレード1のカードが指定の枚数以上あれば、その後、指定の枚数未満になってもその効果が失われることはありません。

収録情報

トライアルデッキ竜魔道の儀式G-TD10/003 イラスト/lack人知れず積み上げた力が今、目覚める。
はじめようセットはじめようセット 竜魔道の儀式
ブースターパック天舞竜神G-BT09/S13 SP イラスト/lack(※なし)