聖火の守護天使(キャンドル・セレスティアル) サリエル/Candle Celestial, Sariel》

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
エンジェルフェザー - エンジェル パワー8000 / シールド5000 / ☆1
【自】:[【カウンターブラスト】(1)] このユニットが(R)に登場した時、あなたの《エンジェルフェザー》のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札から《エンジェルフェザー》を1枚まで探し、ダメージゾーンに置き、その山札をシャッフルする。置いたら、あなたのダメージゾーンから表のカードを1枚選び、ドロップゾーンに置く。

 封竜解放で収録されたグレード2のエンジェルフェザー

 リアガードサークル登場した時限定ではあるが、山札からエンジェルフェザーダメージゾーンに置ける。
 これ単体では特に意味を為さないものの、他のカードと組み合わせることで様々なコンボに繋げることができる。

 効果の都合上、カウンターブラスト(1)のコストにするダメージゾーンに他に表のカードがない場合は山札から置いたばかりのカードドロップゾーン送りにすることになる。
 1枚分のデッキ圧縮をするためにカウンターブラスト(1)を使うというコスト効率的によろしくない結果となる。
 一部能力誘発にも使えるので選択肢として十分有効な場面もあるが、カウンターブラスト(2)に近い性質を持つと考えておいた方がいいだろう。

 また、《恋の守護者 ノキエル》等をコールできる状態でグレード3を置けばグレード3のライド事故防止にも繋がる。
 他にも《真紅の決意 バルク》等のダメージゾーンにいることに意味のあるカードを置いたり、《星辰の癒し手 エルゴディエル》を置き上記の要領で手札に戻す事でペルソナブラストを確保し易くしたりなどできる。

 【守護天使】においては、《団結の守護天使 ザラキエル》《切開の守護天使 マルキダエル》等を確実にダメージゾーンに置くことで、それらの能力の下準備を容易に行えるのが大きな利点となる。
 《団結の守護天使 ザラキエル》《切開の守護天使 マルキダエル》ならば、このカードの欠点であるパワーの低さをカバーできるうえ、《粛清の守護天使 レミエル “Я”》ならば、後列に移動させて呪縛コストにしてしまうこともできる。

関連カード

ユニット設定

蒼き翼を持つ特殊医療部隊「瑠璃色の守護天使(ラピスラズリ・セレスティアル)」の一員。見ているだけで人の心から不安や恐怖を除き、所持者の意志が働かない限り、燃え移る事も消える事も無いと言われる宝具「聖火(キャンドル)」の管理権限所持者。オリジナルの「聖火」から炎を拝借した小さな燭台を常に持ち歩いており、各地に部隊が派遣される度、患者達にその炎を見せ、加護を分け与えている。絶望を祓い去り、希望を運んでくるのは、何時の時代も小さな灯火。その炎に惹かれた者達が集まり、呼応し、同じ道を歩む事で巨大な炎へと転じていく。彼女がもたらす小さな希望も、何れ訪れる大いなる希望へ繋がる篝火となるのかもしれない。

  • 名前の由来は大天使の一人「サリエル(Sariel)」だろう。名前の意味は「神の命令」。

FAQ

  • Q425 (2013-04-26)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、コストを2回払って2回発動させることができますか?
    A. いいえ、できません。【自】は、『○○時』のタイミングにつき1回だけ発動します。コストも1回しか払えません。
  • Q441 (2013-04-26)
    Q. この能力で山札からダメージゾーンにトリガーユニットが置かれました。トリガー能力は発動しますか?
    A. いいえ、使えません。山札からトリガーゾーンに置かれた時にトリガー能力が発動します。
  • Q442 (2013-04-26)
    Q. 自分のダメージゾーンにカードが5枚ある時にこのカードの能力を使いました。ゲームに負けますか?
    A. いいえ、負けずに、ゲームが続行します。勝敗の条件を満たしているかどうかは、能力に書かれている手順をすべて行った後に確認します。

収録情報

ブースターパック封竜解放BT11/025 R イラスト/SALTどんなに深い暗闇にいても、小さな灯が救ってくれる。