(つみ)(そそ)(もの) シャルハロート》

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
ダークイレギュラーズ - ヴァンパイア パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】:あなたのGユニットが【超越】した時、【ソウルチャージ】(2)してよい。【ソウルチャージ】し、あなたのソウルに深闇能力を持つカードが4枚以上なら、相手は自分のリアガードを1枚選び、退却させる。
【自】【(V)/(R)】【Gブレイク】(2) 深闇(このターン中、あなたのソウルにカードが置かれているなら有効):このユニットがアタックした時、あなたのソウルが10枚以上なら、そのバトル中、このユニットのパワー+5000し、相手はグレード0のカードを(G)にコールできない。

 鬼神降臨で収録されたグレード3のダークイレギュラーズ

 領域移動誘発は、Gユニット超越した時にソウルチャージ(2)でき、ソウルチャージし、ソウル深闇能力を持つカードが4枚以上なら、相手リアガード1枚を退却させる自動能力

 直接のアドバンテージは稼げないものの、コスト不要なソウルの供給手段となり、Gユニット超越し続けることができる限りは何回でも再利用が狙える。
 ソウルチャージ(2)は行わないことも選べるので、山札の枚数に余裕がない場合には利用を見送るといった小回りも効かせることができる。

 基本的に【ダークイレギュラーズ】超越を行うとソウルの増加をリアガードGユニット等に依存することになりやすいが、超越するだけで安定して深闇の有効化の他、ソウルの枚数に関する要件を満たしやすくなる。
 やや運用に難のある《罪深き者 シャルハロート》との相性もさほど良くはないが悪くなく、追加効果による退却が重複してしまうものの、リアガードに頼らずに深闇の有効化を狙えるので余分なカード消費を減らしやすくなる。

 追加効果は、ソウルチャージして、ソウル深闇能力を持つカードが4枚以上なら、相手リアガード1枚を退却させる単発効果

 相手リアガード退却によって1枚減らすことができるが、効果で選ぶのは相手となるので狙ったリアガードを処理する用途には使いにくく、こちらの効果まで利用するとなると構築が限定されてくるのが難点となる。
 似たような退却が行える《シャルハロート・ヴァンピーア》が与える能力を利用する場合と比較しても、要件ソウルの質を要求されるので汎用性に欠けるとはいえコストが不要である利点は大きく、【深闇】であればこちらを優先しておくのが望ましい。

 一応、6〜7ターン目の段階で誘発した時点で要件ソウル深闇能力を持つカードが足りていない場合でも前半のソウルチャージ(2)で不足分を補える可能性もあるが、【深闇】でも構築によってはそれに頼り切ると不発してしまう可能性もある。
 6〜7ターン目からより確実な利用を狙うなら、誘発条件が共通する《ディレンジ・シンギュラー》領域移動誘発を利用して、リアガードサークルから不足している深闇能力を持つカードを供給することも考慮しておきたい。

 深闇能力は、アタックした時にソウルが10枚以上なら、パワー+5000を得て、相手グレード0のカード手札からコールできなくなるジェネレーションブレイク(2)の自動能力

 使えるタイミングは遅いがヴァンガードサークルリアガードサークルのどちらでも有効となり、ソウルが10枚以上でパワーの増加とコール制限を行う2つの継続効果を同時に適用できる。
 《ドッペル・ヴァンピーア》深闇能力とよく似ているが、こちらは単独でパワー16000に達するので、リアガードサークル元々のパワー5000の状態で残ってしまっている《エニグマティック・アサシン》ブーストしてもパワー21000ラインを形成できる点で優れる。

関連カード

ユニット設定

現代のダークゾーンで最も危険視されている吸血鬼。並みの魔王なら一瞬で喰らいつくしてしまうほど、強力な「吸魔」の力を持つ。吸魔とは、体内を循環する魔力を触れただけで奪うという恐るべき力であり、いまだ自然発生の原因が解明されていない未知の能力のひとつ。生まれながらにしてこの力を備えていた彼は、誰1人咎める者のいない無法の地で、強者を喰らい続けて生き永らえてきた。やがて、自らも強者となり、「暴君」と恐れられるようになった頃、彼の下には多くの投降者が押し寄せてくるようになった。最初は「すべて食べてしまおう」と考えていた彼だが、幾人かは生かしておくことにした。「非常食」としてだ。しかし、彼らはそれを部下にしてもらえたと勘違いしたのか、命令も無しに餌を探してきたり、シャルハロートの世話まで始めた。そういった部下の行動が契機となったのか定かではないが、暴君は変わりつつある。少なくとも、食材を選ぶ程度には。

◆「ゾンネグラープ」の魔王伝説
常夜地帯「ゾンネグラープ」から太陽を奪う黒い霧には、とある伝説が残されている。それは、まだダークゾーンが国ですら無かった時代……強大な力を持つ魔王同士の戦いの話。『名もない島であったこの地に、「青の魔王」と「黒の魔王」、2人の魔王が降り立った。闇のエレメンタルに満ちた土地を気に入った魔王たちは、ここに留まって眷属を増やすことにした。月日が流れ、互いの眷属がついに千を数えた頃、事件は起こる。この地を国にする際、どちらが王になるかで口論となったのだ。諍いは口論に留まらず、彼らは自らの眷属を率いて戦を始めた。凄絶な戦は青の魔王の勝利に終わり、敗北した黒の魔王と眷属は塵となって消滅した。しかし、その塵に込められた彼らの怨恨と執念は黒い霧へと変わり、生き続けた。そうして、戦場となった地の空を覆い、太陽を奪ったのである。以来、ゾンネグラープは草木ひとつ育たない、枯れ果てた常闇の荒野となってしまった』

FAQ

  • Q3383 (2017-06-08)
    Q. 【ソウルチャージ(3)】してよい、という効果は、2枚や1枚のソウルチャージはできますか?
    A. いいえ、できません。「【ソウルチャージ(3)】してよい」なら、3するか、しないかです。
  • Q3393 (2017-06-08)
    Q. この能力で、相手は抵抗を持つユニットを選べますか?
    A. いいえ、選べません。ユニットを選ぶのが相手であっても、カードの効果はあなたの効果なので、相手は抵抗を持つカードを選ぶことができません。
  • Q3420 (2017-06-08)
    [G-BT11/S27:罪深き者 シャルハロート]
    Q. 深闇とは何ですか?
    A. 深闇とは、このターン中にあなたのソウルにカードが置かれていれば有効になる能力です。深闇能力を持つユニットが出る前でも、同一ターン中にソウルにカードが置かれていればすべて有効になります。
  • Q3421 (2017-06-08)
    Q. 【ソウルチャージ】以外の手段でソウルにカードが置かれても有効になりますか?
    A. はい、有効になります。ただし、ライドによってヴァンガードサークルにあったカードがソウルになることでは有効になりません。
  • Q3422 (2017-06-08)
    Q. 深闇能力は、2枚、3枚とソウルにカードが置かれた場合、効果も2倍、3倍になりますか?
    A. いいえ、なりません。
  • Q3424 (2017-06-08)
    Q. 深闇能力を持つユニットは、そのターン中にソウルにカードが置かれていない状態でも「深闇能力を持つユニット」ですか?
    A. はい。有効になっていない状態でも、それは依然として深闇能力を持ったカードです。

収録情報

ブースターパック鬼神降臨G-BT11/010 RRR イラスト/萩谷薫許されざる罪を灌ぐもの……それは償いの鮮血。
G-BT11/S08 SP イラスト/萩谷薫(※なし)