終末根絶者(デリバラートデリーター) アヲダヰヱン/Deliberate Deletor, Aodaien》

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
リンクジョーカー - エイリアン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【起】【(V)】【ターン1回】:[あなたの、Gゾーンからこのユニットと同名の裏のカードを1枚選び、表にし、「根絶者」を含むリアガードを1枚選び、退却させる] あなたの「根絶者」を含むハーツカードがあるなら、相手のヴァンガードすべてをデリートし、このユニットと同名のあなたのGゾーンの表のカード1枚につき、そのターン中、あなたの前列のユニットすべてのパワー+2000。

 混沌と救世の輪舞曲で収録されたリンクジョーカーGユニット

 1ターンに1回、Gゾーンの自身と同名の裏のカード1枚を表にし、「根絶者」のリアガード1枚を退却させることで、「根絶者」のハーツカードがあるなら、相手ヴァンガードすべてをデリートし、自身と同名Gゾーンの表のカード1枚につき、前列ユニットすべてにパワー+2000を与える起動能力を持つ。

 「根絶者」のカードハーツ化が必須となるが、相手ヴァンガードすべてをデリートする単発効果前列ユニットすべてのパワーを増やす継続効果を抵コストで実行できる。
 デリート手段としてはコストカウンターブラストソウルブラストは一切必要としておらず、その分のリソースを《非難する根絶者 ヰビヲルヱス》《招き入れる根絶者 ファルヲン》等に回しやすい。
 退却コスト《始源根絶者 ヱヰゴヲグ》《絆の根絶者 グレイヲン》等と同様に1枚のみなので都合しやすく、《翻る根絶者 ズヰージェ》《奏でる根絶者 ヱファメス》で賄えばそれだけでディスアドバンテージを相殺してしまえる。

 継続効果効果量はこのカード同名Gゾーンの表のカードの枚数に依存するので、1枚目では1枚分のパワー+2000、2枚目では3枚分の合計パワー+6000となる。
 やや中途半端な数値であるものの、相手デリート状態のヴァンガードに合わせた要求シールド値の調整手段として十分に役立てられる。

 1枚分の効果量は少なめだがそれでも後列《招き入れる根絶者 ファルヲン》等の適当なパワー7000のブースト役を配置しておけば、中央列シールド40000要求が行えるパワー35000ライン左列右列でも単独パワー11000の前列要員となる《禁ずる根絶者 ザクヱラド》シールド25000要求が行えるパワー20000ラインを形成して圧力を高めていくことができる。

 3枚分の効果ならパワー+6000を与えるので単体で高パワーにしやすく、スタンドトリガーによる詰めの圧力を高めやすい。
 適当なパワー9000のユニットは単体パワー15000となり、《追い落とす根絶者 ゲルヲラ》なら最大パワー25000達する。
 《悪計の根絶者 ザヰグ》によるパワー+3000を加えれば合計パワー+9000を付与できるので、得た能力誘発が望めなくなった《禁ずる根絶者 ザクヱラド》を単体でパワー20000にすることができる。

関連カード

ユニット設定

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ

  • Q3694 (2017-10-20)
    Q. []の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。
  • Q3698 (2017-10-20)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q3700 (2017-10-20)
    Q. このユニットのコストで表にしたGゾーンのカードも、効果での枚数参照に数えてよいのですか?
    A. はい、数えます。
  • Q3711 (2017-10-20)
    Q. 【ターン1回】の能力を持っているユニットが複数枚いる場合、どれか1つしか使えないのですか?
    A. いいえ、使えます。【ターン1回】の能力は、カードごとにそれぞれ各ターンに1回使うことができます。
  • Q3737 (2017-10-20)
    Q. ヴァンガードがデリートされるとどうなりますか?
    A. デリートされると、そのユニットをそのままの向きで裏向きにし、「デリートされているユニット」になります。持ち主のターンのエンドフェイズの始めに、そのファイターの「デリートされているユニット」はすべてそのままの向きで表に戻ります。「デリートされているユニット」はパワーが0になり、表面に書かれたテキストのみを失い、スキルアイコン、グレード、カード名、クリティカルなど他の情報は維持します。デリート前に受けたパワー修正、能力の追加や喪失効果は維持されます。デリートされたユニット自身に書かれていた永続能力によるパワー修正、能力の追加および喪失効果は維持しません。
  • Q3738 (2017-10-20)
    Q. 双闘しているヴァンガードがデリートされると、双闘状態はどうなりますか?
    A. 双闘状態は維持され、ユニットはヴァンガードサークルに残ります。
  • Q3739 (2017-10-20)
    Q. デリートされたヴァンガードはバトルを行なえますか?
    A. はい、行なえます。ヒットした場合の処理やドライブチェック等も行なえます。
  • Q3740 (2017-10-20)
    Q. デリートされたヴァンガードをブーストできますか?
    A. はい、できます。
  • Q3741 (2017-10-20)
    Q. デリートされているヴァンガードがさらにデリートされました。どうなりますか?
    A. デリートされているユニットをデリートしようとした場合、そのデリートでは何も行ないません。
  • Q3742 (2017-10-20)
    Q. デリートされているヴァンガードに超越した場合、どうなりますか?
    A. 通常の超越と同じように、元のヴァンガードは表向きでハーツとなり、Gユニットは選んだハーツ1枚のカード名と書かれているパワーを得ます。デリートはカード名やグレード、書かれているパワー等の情報は変更せず、また超越は元のヴァンガードの配置状態以外の状態を引き継ぎません。ですが、デリートによって元のヴァンガードのテキストは失われた状態で超越が行なわれるため、元のヴァンガードが持つ「超越した時」等の能力は発動しません。

収録情報

クランブースター混沌と救世の輪舞曲G-CB06/006 RRR イラスト/lack一瞬にして、すべてが滅ぶ。
G-CB06/S04 SP イラスト/lack(※なし)