竜刻魔剣士(ドラグフェンサー) ダグザ/Dragfencer, Dagda》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
シャドウパラディン - エルフ パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(R)】【Gブレイク】(1) 儀式5(あなたのドロップゾーンにグレード1が5枚以上で有効):[【カウンターブラスト】(1),あなたのグレード1以下のリアガードを1枚選び、退却させる] このユニットがヴァンガードにアタックした時、あなたの「ルアード」を含むヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札からグレード1のカードを2枚まで探し、別々の(R)にコールし、山札をシャッフルする。

 竜神烈伝で収録されたグレード2のシャドウパラディン

 ヴァンガードアタックした時に「ルアード」のヴァンガードがいるなら、カウンターブラスト(1)とグレード1以下のリアガード1枚を退却させることで、山札からグレード1以下のカードを2枚までスペリオルコールするジェネレーションブレイク(1)と儀式5の自動能力を持つ。

 1:2交換のスペリオルコールを行うことで、縦列1つの疑似スタンドが行える。
 スペリオルコールできるのはグレード1以下のカードに限定されているが、《スラップテイル・ドラゴン》《竜刻魔道士 ファームナッハ》と適当なグレード1のカードとの組み合わせでパワー21000ライン程度なら容易に形成してシールド15000の要求での追撃に繋げられる。
 さらに、スタンドトリガー効果でこのカードスタンドすれば同一ターン中に2回の利用も狙える。

 また、永続能力前列ユニットすべてのパワーを増やせる《深淵を覗く竜皇 ルアード》との相性も良くそちらと併用すればパワー41000ライン以上での疑似スタンドも視野に入れられる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

かつて“シャドウパラディン”に属していた騎士。「ルアード」に兄と慕われた男であり、誰もが認める剣の達人。当時、まだ不明瞭な力であった竜刻変化(ドラグシフト)を臆することなく剣技に取り入れたことから、「竜刻魔剣士(ドラグフェンサー)」という異名で呼ばれることも多かったという。もともとは何事にもやる気を起こさない無気力な男だったが、気まぐれで拾った「ルアード」と過ごすうち、徐々に彼を大切な家族と認識していった。ヴォイド・レリクス内に魂の状態で囚われていたが、希望の光が引き起こした奇跡によって具現化し、ルアードと束の間の再会を果たす。最後は「お前のおかげで守ることの大切さを学べた」とルアードに言い残し、光となって消えていった。

  • 「ダグザ(Dagda)」とは、ケルト神話に登場する神。

FAQ 節を編集

  • Q4025 (2018-02-23)
    Q. この効果で、このユニットを【ブースト】しているユニットがいるサークルにユニットをコールしました。【ブースト】のパワー増加はどうなりますか?
    A. 【ブースト】しているユニットがバトル中にドロップゾーン等に移動した場合、【ブースト】によって増加したパワーは【ブースト】したユニットの分だけ減少します。
  • Q4028 (2018-02-23)
    Q. ユニットの能力で、バトル中に【ブースト】しているユニットをドロップゾーンに置きました。【ブースト】のパワーは増加どうなりますか?
    A. 【ブースト】しているユニットがバトル中にドロップゾーン等に移動した場合、【ブースト】によって増加したパワーは【ブースト】したユニットの分だけ減少します。
  • Q4060 (2018-02-23)
    Q. 自動や起動の儀式能力を解決したあと、ドロップゾーンのグレード1のカードが指定の枚数未満になった場合、効果は失われますか?
    A. いいえ、特に記述されていない限り失われません。自動であれば誘発時、起動であればコストを支払う段階でドロップゾーンのグレード1のカードが指定の枚数以上あれば、その後、指定の枚数未満になってもその効果が失われることはありません。
  • Q4061 (2018-02-23)
    Q. 儀式能力で指定された枚数を満たすために、その能力自身のコストでドロップゾーンに置く予定のグレード1のカードも数えてよいのですか?
    A. いいえ、数えられません。この能力のコストの支払いは、ドロップゾーンのグレード1のカードが指定された枚数以上ないと支払うこと自体ができません。

収録情報 節を編集

ブースターパック竜神烈伝G-BT14/033 R イラスト/篠丸峰山思い出せ、お前は独りじゃない。