突貫の守護天使(ペネトレイト・セレスティアル) ゲダエル/Puncture Celestial, Gadriel》

ノーマルユニット 〈0〉 (ブースト)
エンジェルフェザー - エンジェル パワー5000 / シールド10000 / ☆1
【自】:先駆(同じクランのユニットにライドされた時、(R)にコールできる)
【自】【(R)】:[【カウンターブラスト】(1),このユニットをソウルに置く] あなたのライドフェイズ開始時、あなたの《エンジェルフェザー》のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札の上から1枚をダメージゾーンに置き、そのターンの終了時、あなたのダメージゾーンから1枚選び、山札に戻し、その山札をシャッフルする。

 絶禍繚乱で収録されたグレード0のエンジェルフェザー

 ライドフェイズ開始時に《ドクトロイド・メガロス》《ドクトロイド・ミクロス》と同じ効果能力を使用できる。

 単純に見ると「ディスアドバンテージになるが確実に確保できる《ドクトロイド・メガロス》」でしかないが、ノーマルライドする前に使用できるため、ダメージゾーンが3枚の状態からのブレイクライドが行えるというのが画期的な点。

 ただし、肝心の《神託の守護天使 レミエル》ブレイクライド能力が1:1交換に近いものなので、このカードディスアドバンテージブレイクライドで帳消しにしているのとそれほど差がないのが惜しいところである。

 リミットブレイクの早期有効化だけならば、《確信の守護天使 ルムヤル》でも満たせるので、ダメージゾーンの入れ替えを行える点も活かしたい。

関連カード

ユニット設定

蒼き翼を持つ特殊医療部隊「瑠璃色の守護天使(ラピスラズリ・セレスティアル)」の一員。同部隊の問題児「アラバキ」の妹。愛らしい容姿に似合わず破天荒な性格をしており、積極的に防衛・迎撃などの戦闘が発生する任務を受けている。巨大注射器「セラピストニードル」は、内蔵魔力で飛行する事も可能な特殊武具。「アラバキ」の狙撃と「ゲダエル」の突撃、遠近どちらからも繰り出される高速連撃は避け続けるだけで精一杯、攻撃に転じる暇など全く与えてもらえない。当然だがこの注射器、中の魔力を回復魔法に転用すれば、治療に使う事も可能である。しかし、これもまた当然だが、自主的に治療を申し出たものはいない。「皆を助けるのは大好き!」と言う幼い守護天使。しかし、その後に必ず「でも戦うのはもっと好き!」と続く為、大人達は彼女の将来をとても心配しているという。

FAQ

  • Q602 (2013-09-12)
    Q. [ ]のコストのうち、どちらか片方だけ支払えばいいのですか?
    A. いいえ、両方支払います。コストは[ ]の中に書かれた行動をすべて行わないと支払えません。

収録情報

ブースターパック絶禍繚乱BT13/048 C イラスト/パトリシア天使の微笑が、安らぎをもたらすとは限らない。