破壊暴君(はかいぼうくん) アークレイダー/Destruction Tyrant, Archraider》

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
たちかぜ - ディノドラゴン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】(お互いのヴァンガードがグレード3以上で解放!) - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】【(V)】:[あなたのリアガードを1枚選び、退却させる] このユニットがヴァンガードにアタックした時、コストを払ってよい。払ったら、そのバトル中、このユニットのパワー+5000し、【自】(V)】:このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、相手のリアガードを1枚選び、退却させる。』を得る。

 ファイターズコレクション2015で収録されたたちかぜGユニット

 ヴァンガードアタックした時にリアガード1枚の退却パワー+5000と『アタックヴァンガードヒットした時に相手リアガード1枚を退却させる自動能力』を得る自動能力を持つ。

 パワー+5000の効果Gユニットにとって実感できる程の影響を及ぼすことは少なく、このカードが得る自動能力と同じ能力を初めから持つ《神龍騎士 マフムード》と比べるとコストの分だけ劣る。
 そのため、退却コストが他のカードとのコンボの起点となるという点を活用する必要がある。

 《突撃竜 ブライトプス》《翼竜 スカイプテラ》を使えば防御のための手札を確保でき、《タンクマンモス》《帝竜 ガイアエンペラー》能力能力を付与されたリアガード等であれば疑似スタンドが狙える。

 ガード強要が行えるのを利用して《破壊竜 ダークレックス》スペリオルライドを警戒させておくのも面白い。
 ただし、リアガードを合計4枚退却させることになるので配置などで気を使う必要がある。

関連カード

ユニット設定

「超越」を介して過去から召喚された半竜半機のディノドラゴン。
手足をはじめ、体の要所を機械化し、さらに生身の大部分も大仰な兵装に覆われている、
およそ全身が兵器といっても差し支え無い凶暴な戦士。

元は未来の世界で猛威を振るっていたが、戦の最中に不運にも敵国の試験兵器による攻撃を受け、
過去に転送されてしまったという特殊な経緯を持つ。
つまり、召喚されたのは過去だが、出身は未来、という事になる。

過去の戦場――見た事も無い武装をつけ、突然戦場に姿を現した謎の戦士を見て、
“たちかぜ”の戦士たちはおおいに沸いたという。
「アークレイダー」もその鬨を聞いて即座に理解した。 今は戦で、目の前の有象無象が敵なのだと。

敵軍を再起不能になるまで追い立てて撃滅する事から、「破壊暴君」と崇められたアークレイダー。
暴君を相手取った各国は敗走に敗走を重ねたが、最後は神聖国家の騎士王によって討ち取られたという。
戦には勝利したものの、ユナイテッドサンクチュアリの被害はドラゴンエンパイアよりも甚大であり、討ち取られる瞬間まで王へ牙を剥き続けた戦士の姿は、敵国の文献に名を残すまでに至ったという。

  • 「アーク(Arch)」とは君主を、「レイダー(raider)」とは侵略者を意味する。

FAQ

  • Q1262 (2015-04-28)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q1264 (2015-04-28)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。

収録情報

スペシャル/コレクションファイターズコレクション2015G-FC01/033 RR イラスト/イシバシヨウスケ現代でも古代でも、弱肉強食のルールは変わらない。