真理(しんり)守護者(しゅごしゃ) ロックス/Guardian of Truth, Lox》

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
グレートネイチャー - ハイビースト パワー10000 / シールドなし / ☆1
【永】【(V)】:あなたのソウルに「護法官 ロックス」があるなら、このユニットのパワー+1000。
【起】【(V)】:[【カウンターブラスト】(2),あなたの手札から「真理の守護者 ロックス」を1枚選び、捨てる] あなたの《グレートネイチャー》のリアガードを1枚選び、そのターン中、パワー+4000/クリティカル+1し、そのターンのエンドフェイズ開始時、そのユニットを退却させる。

 獣王爆進で収録されたグレード3のグレートネイチャー

 起動能力ターンの終了時にそのユニット退却させる時限誘発付きでリアガードパワークリティカルを増やすというもの。
 単純にリアガードクリティカルが上昇するというだけでも脅威となるが、相手ダメージゾーンが少ない状態でもグレートネイチャーの得意とするリアガード強化による高パワーを活用しやすくなるこの効果は魅力的と言える。

 コストは競合するが、クリティカルを上昇させたリアガード《クレヨン・タイガー》《矛盾教官 タスク・マスター》能力スタンドすることができれば、クリティカルの増加を利用したガード強要をドライブチェックの結果に依存する事無く連続で行うことができる。

 しかし、コストが重い上に厳しく、安定して確保しにくいのは否めず、上手く使うには引きやタイミングが求められる能力である。
 運用するのであれば、《特別名誉助手 みけさぶろー》等を事前に利用してコストを確保しておきたい。

  • 3DS版「ライド トゥ ビクトリー」でもアリがケロケロAで公開されていたこのカードを中心にしたデッキを使用する。
    • ライド時の台詞は「俺のモテモテオーラは永遠だ、モテモテライド!」

関連カード

ユニット設定

“ズー”に点在する全ての護法官を束ねる長。現世のあらゆる事象の在り方に精通していると言われている。
大学では「生きた伝説」と崇められ、特別栄誉教授をはじめとした百を超える量の称号を授かっているという。
果てしない学びの道の中で世界の「真理」にたどり着いたとされる彼が見つけた物は何だったのか。それは彼以外にはわからない。
しかしそれが何であれ、彼は決して口にも文にもすることは無いだろう。
立ち会えることが「人生最大の幸運」と称される彼の講義はいつもこの言葉で締めくくられる――『「学」に終着点は無い』。

FAQ

  • Q224 (2012-07-06)
    Q. 「~そのターンのエンドフェイズ開始時、そのユニットを退却させる。」の能力を与えられたユニットが他の効果でリアガードサークル以外の場所に置かれました。そのカードはどうなりますか?
    A. 能力の効果は失われ、何も起きません。リアガードサークル以外の場所に置かれたら、そのカードはエンドフェイズになってもドロップゾーンに置かれることはありません。
  • Q225 (2012-07-06)
    Q. このユニットの起動能力は何度でも使えますか?
    A. はい。コストを払える限り、メインフェイズ中に何回でも発動できます。
  • Q226 (2012-07-06)
    Q. [ ]のコストのうち、どちらか片方だけ支払えばいいのですか?
    A. いいえ、両方支払います。コストは[ ]の中に書かれた行動をすべて行わないと支払えません。

収録情報

ブースターパック獣王爆進BT07/002 RRR イラスト/村山竜大学びなさい……誰にでも、その権利があるのです!
BT07/S02 SP イラスト/村山竜大真理は時に残酷なもの。だからこそ、目をそらしてはならない。