焔魔忍竜(えんまにんりゅう) シラヌイ “慚愧(ざんき)”/Blazing Demonic Stealth Dragon, Shiranui "Zanki"》

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
ぬばたま - アビスドラゴン パワー11000 / シールドなし / ☆1
支配 - 【自】【(V)】:あなたのターン中、このユニットが(V)に登場した時か、あなたのGユニットが【超越】した時、いずれかのリアガードを1枚まで選び、そのターン中、パワー+2000。そのユニットが相手のリアガードなら、【スタンド】して支配し、相手の他のユニットにアタックする。(あなたがコストを払えば能力も使える)
【自】【(V)】 :[【ソウルブラスト】(1)] あなたのライドフェイズ開始時、コストを払ってよい。払ったら、1枚引き、すべてのファイターは自分の手札から1枚選び、(R)にコールする。そのターン中、相手はこの効果でコールしたカードの【自】能力を発動できない。

 竜神烈伝で収録されたグレード3のぬばたま

 1つ目の能力は、ヴァンガードサークル登場した時か、Gユニット超越した時にいずれかのリアガードを1枚までにパワー+2000を与え、そのユニット相手リアガードなら、スタンドして支配し、他の相手ユニットアタックする支配自動能力

 《魔忍竜 ジャケンミョウオウ》《魔忍竜 シラヌイ “朧”》を足したような支配能力となっており、それぞれのタイミングで誘発可能となっている。
 そのため、このカードライドした直後のストライドステップGユニット超越すれば同一ターン中に合計で2回利用できる。

 付属の継続効果によりパワー+2000を与えるのでアタックヒットに必要なパワーが不足していてもある程度は補え、その上で支配したい相手リアガードがいない場合でも《閻魔忍鬼 ムジンロード》と同様にこちらのリアガード目標にすることで戦力補強手段として機能する。

 2つ目の能力は、ライドフェイズ開始時にソウルブラスト(1)で、1枚ドローし、すべてのファイターは自身の手札から1枚をスペリオルコールし、そのターン中、相手はこの効果コールしたカード自動能力を発動できなくなる自動能力

 手札の補充を行える他、すべてのファイター手札から1枚を強制的にコールすることで支配能力の補助が行える。

 付属の継続効果により相手はこの効果コールされたユニット自動能力プレイできなくなるので、リアガードサークル登場した時やリアガードサークルから離れた時の各種領域移動誘発は勿論、《スカウティング・オウル》《ナース・オブ・ブロークンハート》等といった予めリアガードサークル上に置いておくことで機能する能力自動能力である限りは封じることができる。
 一方で、ユニットのいるリアガードサークルへのコール永続能力の利用は許してしまうので、抵抗を持つカード《アースエレメンタル コネル》等をコールされ、支配能力効果目標として選べるリアガードに制限をかけられる可能性があるので注意しておきたい。

 こちらがコールするカードについてはメインフェイズノーマルコールする予定のものであればなんでもよいが、《忍竜 エンバイ》《忍竜 セイズイ》等の支配関連の能力を持つカードコールすれば直後のストライドステップで即座に誘発が狙うことができる。
 特に《忍竜 ウンガイ》《忍獣 ミストフロッグ》等のパワーの調整が行える能力を持つカードに関しては、支配されたリアガードアタックヒットを狙いやすくする作用が見込める。
 また、ユニットのいないリアガードサークルがない場合はユニットの重複処理によってドローで得たアドバンテージが相殺されてしまうので、そういった状況で利用する場合は注意しておきたい。

  • 「カードファイト!!ヴァンガードG Z」のオープニングでは、第15話以降よりこのカードとその分身である鬼丸カズミが登場している。

関連カード

ユニット設定

“ぬばたま”における忍軍「不知火」一派を束ねる長、シラヌイの新たな姿。本来は背信の罪によって自国の屋敷にて沙汰を待つ身であったが、世界滅亡の危機に際して一時的に処分を保留されていた。国の目を盗んで部下が新調した装備に対し、自らの過ちを悔いる意を込めて「慙愧」と名付け、決戦の場「ヴォイド・レリクス」へと臨んだ。さらに、因縁ある「ガスティール」との決戦では超越共鳴を発動し、未知の邪眼を解放。「ダムジット」、「アマルーダ」と協力し、見事ガスティールを討ち果たした。その後、「ギーゼ」から「ルアード」を奪取するも、反撃を受けて右腕と左足を失う。戦いの後はこの怪我を理由に、長の座を退いた。

  • 「慚愧」とは、自らの過ちを恥じて深く反省することを指す言葉。元来は仏教語である、自己に対して恥じる意味の「慚」と、外部に対してその気持ちを示す意味の「愧」が合わさった言葉となる。

FAQ

  • Q4003 (2018-04-27)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングにつき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません
  • Q4028 (2018-02-23)
    Q. すでにユニットが置かれているリアガードサークルにもコールできるのですか?
    A. はい、できます。その場合、もともと置かれていたユニットは退却します。
  • Q4049 (2018-02-23)
    Q. スタンド状態のリアガードも選べますか?
    A. はい、選べます。
  • Q4074 (2018-02-23)
    Q. 支配とはなんですか?
    A. 支配、ならびに支配関係のルール、よくある質問に関してはこちらをご参照ください。http://cf-vanguard.com/information/shihai_nubatama/
  • Q4087 (2018-02-23)
    Q. すべてのファイターが手札からコールする場合順番はありますか?
    A. 総合ルール「1.3.4.」項目にある通り、ターンファイターから先に選択を行います。非ターンファイターは、ターンファイターの選択の内容を知ってから自身の選択を行います。
  • Q4088 (2018-02-23)
    Q. 「登場した時」以外の自動能力も使えなくなりますか?また、それを支配した場合、こちらは例えば「アタックした時」のような自動能力を使えますか?
    A. はい、相手は使えません。あなたがそれを支配した場合、「アタックした時」のような自動能力を使えます。

収録情報

ブースターパック竜神烈伝G-BT14/011 RRR イラスト/近藤途轍今こそ応えよう。死してなお、我と共にあった者の魂に。
G-BT14/S06 SP イラスト/近藤途轍(※なし)