炎熱機竜(フレアアームズ) ズィーゲンブルク/Flare Arms, Ziegenburg》

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
かげろう - フレイムドラゴン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】【(V)】:竜炎
【起】【(V)】【ターン1回】:[【ソウルブラスト】(1),あなたのGゾーンからこのユニットと同名の裏のカードを1枚選び、表にする] 相手のリアガードを1枚選び、退却させる。
【自】【(V)】【ターン1回】【Gブレイク】(3):[【カウンターブラスト】(1),あなたの手札から、相手のリアガードと同じ枚数選び、捨てる] このユニットがアタックしたバトルの終了時、このユニットが竜炎状態なら、コストを払ってよい、払ったら、このユニットを【スタンド】し、ドライブ-2。

 鬼神降臨で収録されたかげろうGユニット

 2つ目の能力は、1ターンに1回、ソウルブラスト(1)とGゾーンから自身と同名の裏のカード1枚を表にすることで、相手リアガード1枚を退却させる起動能力

 ソウルを消費するが、単純に効率のよい退却手段。
 コストGゾーンの表のカードが稼げるので、他のGユニット超越またはコールした後なら、3つ目の能力の有効化も狙える。

 3つ目の能力は、1ターンに1回、アタックしたバトルの終了時に自身が竜炎状態なら、カウンターブラスト(1)と手札から相手リアガードと同じ枚数をドロップすることで、自身をスタンドし、ドライブ-2を得るジェネレーションブレイク(3)の自動能力

 使えるタイミングはやや遅いが、自身をスタンドしてドライブ1での追撃が行える。
 コストドロップするカードの枚数が相手リアガードの枚数に応じて変動するのが特徴で、相手リアガードの枚数が少ないほどドロップする枚数も少なくなる。
 そのため、相手リアガードの枚数が元々少ない状態から超越し、2つ目の能力の他、《ドラゴニック・ブレードマスター“紅焔”》《トワイライトアロー・ドラゴン》等の効果で残りの相手リアガード退却させる等といった、手札の消費を最小限に抑える工夫をしておきたい。
 特に《炎翼剛獣 ディナイアル・グリフォン》《リザードソルジャー ベローグ》等は、直前の相手ターン中に相手リアガード退却を狙えるため、ターンの開始時の時点で相手リアガードが既に減っている状態にできるので相性が良い。

 カード消費的には、相手リアガードがいないなら純粋に1枚分のアドバンテージを稼ぐことができ、1枚でも1:1交換の効率で利用できるが、2枚以上の場合は1枚分以上のディスアドバンテージを負うことになる。

関連カード

ユニット設定

遥か未来の世界で猛威を振るう帝国の猛将。血気盛んな若き将軍であり、直属の部下を1人も持たないことで有名。理由はその破天荒な戦い方にある。彼が愛用する武装は、大出力の光線を撃ち出す砲撃槍と、広範囲に照射可能な両肩の広域拡散砲。そして、自身の数倍はあるだろう巨大補助ユニット、「接続式火器管制兵装 ヴァルカーン」である。その仰々しい見た目に違わず、すべてが殲滅戦で真価を発揮するものであり、各武装のリミッターを解除した彼が戦う様は、艦隊戦もかくやというほど。“かげろう”に猛将は多かれど、たった1人で戦場の敵すべてを相手取る将は彼くらいだろう。出撃のたび、味方の全軍を後退させなければならない点が、唯一の懸念点だろうか。武の極致には、多様な形がある。剣技を極めし者、肉体を鍛えし者、魔道を修めし者……そういったカテゴリに彼を落とし込むのであれば、「炎熱を掌握せし者」とでも呼ぶべきなのだろう。

FAQ

  • Q3344 (2017-06-08)
    Q. []の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。
  • Q3351 (2017-06-08)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q3352 (2017-06-08)
    Q. Gユニットが持つ【ジェネレーションブレイク】は、自分自身も表のカードの枚数に数えてよいのですか?
    A. はい、ヴァンガードサークルにいるGユニットも【ジェネレーションブレイク】の条件として数えられます。例えば【ジェネレーションブレイク】(3)であれば、Gゾーンの表のカード2枚に加え、ヴァンガードサークルに(表の)Gユニットがいれば合計3枚なので【ジェネレーションブレイク】(3)は満たしています。
  • Q3364 (2017-06-08)
    Q. 【ターン1回】の能力を持っているユニットが複数枚いる場合、どれか1つしか使えないのですか?
    A. いいえ、使えます。【ターン1回】の能力は、カードごとにそれぞれ各ターンに1回使うことができます。
  • Q3365 (2017-06-08)
    Q. 【ターン1回】の能力を複数持っているユニットは、そのどれか1つしか使えないのですか?
    A. いいえ、使えます。各ターンにそれぞれの能力を1回ずつ使うことができます。
  • Q3414 (2017-06-08)
    Q. 竜炎とは何ですか?
    A. 竜炎とは、あなたのアタックステップ開始時に、あなたのリアガードが相手より多いなら、あなたのヴァンガードを竜炎状態にする能力です。
  • Q3415 (2017-06-08)
    Q. 一度竜炎状態になったあと、リアガードの枚数が増減し、相手より枚数が少なくなった場合、竜炎状態は解除されますか?
    A. いいえ、されません。そのターン中は竜炎状態は維持されます。
  • Q3416 (2017-06-08)
    Q. バトル中に再ライド等によってヴァンガードサークルのカードが別のカードになった場合、竜炎状態も引き継ぎますか?
    A. いいえ、引き継ぎません。もし次のアタックステップがあるなら、改めてリアガードの枚数をチェックします。
  • Q3419 (2017-06-08)
    Q. 竜炎能力が発動する「あなたの各アタックの開始時」とは具体的にいつですか?
    A. 「アタックステップ開始時」です。これは、それぞれのバトルの始まりにあるアタックをするかどうかを決めるタイミングです。
  • Q3435 (2017-06-08)
    Q. 相手のリアガードが0枚の時はコストを払わなくてよいのですか?
    A. 手札から捨てるコストが0になり、カウンターチャージを支払うことで能力が使用可能となります。

収録情報

ブースターパック鬼神降臨G-BT11/006 RRR イラスト/百瀬寿真の戦場の恐怖、骨の髄まで味わいな!
G-BT11/S04 SP イラスト/百瀬寿(※なし)