毒鎌怪神(どくれんかいじん) オーバーウェルム/Poison Sickle Muatnt Deity, Overwhelm》

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
メガコロニー - インセクト パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【起】【(V)】【ターン1回】:[【カウンターブラスト】(1),あなたのGゾーンから裏のカードを1枚選び、表にする] 相手の【レスト】しているリアガードと同じ枚数まで引き、相手の【レスト】しているリアガードが1枚以下なら、そのターン中、このユニットのクリティカル+1/ドライブ+1。
【永】【(V)】【Gブレイク】(3) 暗躍:相手のダメージゾーンの裏のカード1枚につき、あなたのユニットすべてのパワー+2000。

 The AWAKENING ZOOで収録されたメガコロニーGユニット

 1つ目の能力は、1ターンに1回、カウンターブラスト(1)とGゾーンの裏のカードを1枚表にすることで、相手レストしているリアガードと同じ枚数までドローし、相手レストしているリアガードが1枚以下なら、ドライブ+1/クリティカル+1を得る起動能力

 相手レストしているリアガードの枚数に応じてドローが行うので3枚以上のドローに繋がりやすく、直前のターンの守りで消耗したカードを補充して反撃を仕掛けるための体勢を整えることができる。
 コストではGゾーンの好きな裏のカードを表にすることが可能なので、《暴虐怪神 ダークフェイス》に繋げる布石としての利用も見込める。

 何らかの理由で相手レストしているリアガードの枚数が1枚以下の状態でターンが回ってきた場合はドローの枚数も1枚以下となるが 、追加効果ドライブクリティカルの増加の恩恵を得られる。
 《無法怪神 オブティランドス》《百害女王 ダークフェイス・グレドーラ》等で前のターンリアガードサークルへのコールを妨害しておけば能動的に利用を狙いやすくなる。

 相手レストリアガードが2枚でターンを回されると2枚ドローするのみで止められてしまうが、Gデッキ《剣豪怪神 アンギッシュソード》を合わせて入れて使い分けることでその欠点は補える。

 2つ目の能力は、相手ダメージゾーンの裏のカード1枚につき、ユニットすべてのパワー+2000を与えるジェネレーションブレイク(3)と暗躍永続能力

 ジェネレーションブレイク(3)と暗躍の2つの制限が付きとなるが、相手ダメージゾーンの裏のカードの枚数に応じてユニットすべてのパワーを増やせる。
 どのようなデッキでもカウンターブラストを使う都合からダメージゾーンに裏のカードがないということはほぼなく、ユニット1枚辺りに1〜2枚分の効果パワー+4000〜6000程度を与えることができる。
 相手ダメージゾーンの表のカードを能動的に裏にできる《百害女王 ダークフェイス・グレドーラ》との相性は良く、単純に1枚分の効果が上乗せが見込め、5枚分の効果パワー+10000の付与も視野に入れやすくなる。

 永続能力であるので《怪神要塞 グライスフォート》等の守りにカウンターブラストを行う能力の利用の牽制が狙える利点があるが、逆に《マシニング・スノーウィング》等のカウンターチャージ手段ないし、ヒールトリガーによる回復で不意に相手ダメージゾーンの裏のカードを減らされるとその後の計算を狂わされる可能性があるという欠点がある。
 その他、《全智竜 アルミラージ》《聖樹竜 レインブレス・ドラゴン》等で中央列スタンド状態のユニットを置かれると有効化が維持できなくなり効果が失われるため、それが行える類のカードについてもある程度警戒しておきたい。

関連カード

ユニット設定

犯罪結社“メガコロニー”の特級怪人「アリーアントワネット」が、未来の世界から呼び出した凶悪な超越者(ストライダー)。誰とも適合しない唯一無二の魔力を有する突然変異の怪人。彼女の体内で生成される魔力は、他者の魔力と強い拒絶反応を誘発する特殊な物であり、触れるだけでも酸をかけられたような激痛が走り、体内の魔力に干渉されようものなら死に至る。これに加え、高ランクの魔力感知をも通過する迷彩能力を備えている彼女は、誰よりも早く、多くの組織を始末し、瞬く間に特級怪人の地位を得たのだという。“メガコロニー”式の超越で現代に呼び出されたため、暴走を防ぐチップを頭部に撃ち込まれたものの、使役者であるアントワネットと意気投合したためか、現代の組織に対して嫌悪の念は持っていない。

FAQ

  • Q3854 (2017-12-08)
    Q. []の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。
  • Q3859 (2017-12-08)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q3860 (2017-12-08)
    Q. Gユニットが持つ【ジェネレーションブレイク】は、自分自身も表のカードの枚数に数えてよいのですか?
    A. はい、ヴァンガードサークルにいるGユニットも【ジェネレーションブレイク】の条件として数えられます。例えば【ジェネレーションブレイク】(3)であれば、Gゾーンの表のカード2枚に加え、ヴァンガードサークルに(表の)Gユニットがいれば合計3枚なので【ジェネレーションブレイク】(3)は満たしています。
  • Q3861 (2017-12-08)
    Q. このユニットのコストで表にしたGゾーンのカードも、効果での枚数参照に数えてよいのですか?
    A. はい、数えます。
  • Q3870 (2017-12-08)
    Q. 【ターン1回】の能力を持っているユニットが複数枚いる場合、どれか1つしか使えないのですか?
    A. いいえ、使えます。【ターン1回】の能力は、カードごとにそれぞれ各ターンに1回使うことができます。
  • Q3894 (2017-12-08)
    Q. 暗躍とはなんですか?
    A. 暗躍とは、同じ縦列に相手のスタンドしているユニットがいない時に有効になる能力です。
  • Q3895 (2017-12-08)
    Q. 同じ縦列に相手のユニットがいない場合でも暗躍は有効になりますか?
    A. はい。暗躍は相手のスタンドしているユニットがいるかどうかを参照します。ユニットがいない場合も有効になります。
  • Q3912 (2017-12-08)
    Q. 相手のレストしているユニットが5枚の時に3枚でドローを止めることはできますか?
    A. はい、できます。

収録情報

エクストラブースターThe AWAKENING ZOOG-EB02/002 GR イラスト/DaisukeIzuka多勢でも無勢でも、死に至る結末は避けられない。