死苑(しえん)のゼロスドラゴン ゾーア/Zeroth Dragon of Death Garden, Zoa》

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
ズー - ゼロスドラゴン パワー25000+ / シールドなし / ☆1
【究極超越】(あなたの表のGゾーン3枚以上で解放!Gゾーンに戻る際、Gゾーンを除外!) - ストライドステップ - [あなたのヴァンガードと同名のカードを手札から1枚選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】:[【カウンターブラスト】(2)] このユニットが(V)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、1枚引き、手札から1枚選び、(R)にコールし、そのターン中、
『【永】【(R)】:このユニットはカードの効果で選ばれず、常にパワーが99999になる。』【自】(R)】:このユニットが相手のヴァンガードにダメージを与えた時、相手は敗北する。』を与える。

 The AWAKENING ZOOで収録されたズーGユニット

 ヴァンガードサークル登場した時に、カウンターブラスト(2)で、1枚ドローし、手札から1枚をスペリオルコールし、『カード効果で選ばれず、常にパワー99999になる永続能力』と『相手ヴァンガードダメージを与えた時に相手は敗北する自動能力』を与える自動能力を持つ。

 手札からスペリオルコールしたユニット相手ヴァンガードダメージを与えた時に相手をそのゲームで敗北させることができるというもので、同時に与える永続能力によりカード効果目標にならずパワー99999で固定されるため、守護者か合計シールド90000程度の捻出を確実に強要できる。

 手札からスペリオルコールして能力を与えられたユニット元々のパワーに関係なく常にパワー99999で固定されるためドローしたカードをそのままスペリオルコールしても良いが、その中でも《威圧怪王 ダークフェイス・アルキデス》《タレンティッド・ライノス》等といった相手カードガーディアンサークルへのコール移動の選択肢を狭める類の能力を持つカードが特に適している。

  • 超越時の台詞は「我が未来の全てをかけて、無謀なる戦士に終焉の悔恨を!我が未来を食らい顕現せよ!ズーのゼロスドラゴン! アルティメットストライド! 《死苑のゼロスドラゴン ゾーア》!」(9話)
    「我が未来の全てをかけて、誇り高き戦士に終焉の安息を!我が未来を食らい顕現せよ!ズーのゼロスドラゴン! アルティメットストライド! 《死苑のゼロスドラゴン ゾーア》!」(第10話)
    「我が未来を食らい顕現せよ!ズーのゼロスドラゴン! アルティメットストライド! 《死苑のゼロスドラゴン ゾーア》!」(第18話)
  • このカード超越したターン、第9話でのアラタの手札は10枚、第10話でのカムイの手札は12枚あったので、それぞれ守護者を保持している可能性が高かった。アラタは保持していなかったため、大量の手札を消費させ、フィニッシュに繋げるなど、このカード自動能力を最大限活かせたが、保持していたカムイには少ない消費で防がれた。相手手札を読み切ることが重要だというのを上手く示せた2つのファイトであった。

関連カード

ユニット設定

竜神「ギーゼ」の力が込められた「破壊の竜骨」と呼ばれる楔が、打ち込まれた周囲の精霊を吸収して受肉した恐るべき兵器。ギーゼは「ゾーア」と言う名で識別していたが、メサイア陣営からは「死苑」という二つ名で呼ばれていたらしく、後の文献でもその通称で記されていることが多い。自然豊かな国故、最も多くの精霊が生息していたという大陸――現代のズーに打ち込まれた楔であり、最も多くの精霊を吸収したゼロスドラゴン。その性質上、肉体の維持に膨大な魔力が必要であり、受肉後も大気から魔力を奪い続けた。大陸中の精霊を滅ぼしかけた最悪の精霊喰い(エレメンタル・イーター)……古くから大陸に住まう者達の怒りは今なお色褪せておらず、とある祭ではゾーアを象った木造の竜を燃やし、先祖の霊に感謝を捧げる風習なども残っているという。

◆大戦の裏、司教の影 ―ヴォイド・レリクスの完成―
ふたつの惑星が危機的状況を迎えつつある今この時、惑星クレイでも惑星Eでもない別の場所で、「邪神司教 ガスティール」はまたも暗躍していた。あらゆる者の目が眼前の脅威に向いているこの期を有効に使い、彼は「ギーゼ」復活をより確実なものにしようと画策していたのである。彼が選んだ手段は、これまでに作り上げた2つのレリクス、即ち惑星クレイの「オリジナル・レリクス」と、惑星Eの「セカンド・レリクス」を超える新たな魂の牢獄を生み出すというもの。オリジナルはギーゼの力を急激に流し込んでしまったため、元あった空間を維持できず、雑多な負の念が蔓延る醜悪な様相になってしまった。逆に、セカンドは空間維持に必要な力のみで構成したため、負の念が集まりづらく、収集の効率自体が悪くなってしまった。2回に及ぶ失敗の末、ついに成功の兆しを見たガスティールは、破壊を求めるギーゼの強大な念を、空間の壁が破れる限界まで満たした空間――魂の監獄要塞「ヴォイド・レリクス」を完成させたのである。負に堕ちた者だけでなく、あらゆる虚ろな魂を吸い寄せる神の念が渦巻く空間……この空間を以って、ガスティールはギーゼ復活のためのエナジーを、あらゆる世界、次元、時空から抽出しようと試みたのである。結果として、エナジーの収集効率は格段に上昇し、世界滅亡のカウントも劇的に進行。彼の思惑通り、世界にとって最悪のシナリオが描かれつつあった。しかし、時空を捻じ曲げ、過去・現在・未来が入り乱れる混沌の空間だからこそ、希望も絶望も予期せぬ形で訪れる。光と炎――虚無の監獄要塞に降り立ったふたつの異分子は、果たして世界の希望か絶望か。

現在のクレイ各国の戦況
ズー

依然として“ネオネクタール”&“グレートネイチャー”連合軍と、“メガコロニー”による大戦の継続。連合軍が優勢とはなったものの、「星輝兵」の介入によってどう転ぶかわからない戦況となっている。

FAQ

  • Q3854 (2017-12-08)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングにつき1回だけ発動します。コストも1回しか払えません。
  • Q3858 (2017-12-08)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q3876 (2017-12-08)
    Q. すでにユニットが置かれているリアガードサークルにもコールできるのですか?
    A. はい、できます。その場合、もともと置かれていたユニットは退却します。
  • Q3887 (2017-12-08)
    Q. 「後列にいる相手のユニットをバトル中のユニットに選べる」能力や、複数のユニットとバトルできる能力で、「このユニットは相手のカードの効果で選ばれない」能力を持ったユニットをアタックできますか?
    A. はい、できます。これらのカードの能力は「バトルフェイズにおけるアタックされるユニットを選択するルール」を変更する能力だからです。
  • Q3888 (2017-12-08)
    Q. 「星輝兵コールドデス・ドラゴン」「幻想の魔女フィアナ」のように、リアガードサークルを選ぶ能力で、「このユニットは相手のカードの効果で選ばれない」能力を持ったユニットがいるサークルを選べますか?
    A. はい、選べます。この能力は、そのユニット自身を選ぶ効果では選択できなくなる能力のため、そのユニットがいるリアガードサークルは能力とは関係なく選ぶことができます。
  • Q3889 (2017-12-08)
    Q. 「時空竜クロノスコマンド・ドラゴン」のような「すべて~する」というような能力では、「このユニットは相手のカードの効果で選ばれない」能力を持つユニットも影響を受けますか?
    A. はい、影響を受けます。「すべて~する」の場合はユニットを選んではいないので影響を受けます。「すべて選び、~する」の場合は“選ぶ”ので、この能力を持つユニットを選ぶことはできません。
  • Q3890 (2017-12-08)
    Q. 「相手は自分のリアガードを1枚選び、退却させる」のような、こちらの能力で相手が選択するタイプの効果で、相手は「このユニットは相手のカードの効果で選ばれない」能力を持つユニットを選べますか?
    A. いいえ、選べません。相手が選ぶ効果であっても、その効果はあなたのカードのものだからです。相手はこの能力を持っていないユニットのいずれかを選択しなければならず、この能力を持つユニットしかいない場合は、何も起こりません。
  • Q3891 (2017-12-08)
    Q. 「このユニットは相手のカードの効果で選ばれない」能力を持つ相手の前列のリアガードに対してアタックできますか?
    A. はい、できます。
  • Q3892 (2017-12-08)
    Q. 「このユニットは相手のカードの効果で選ばれない」能力によって効果を受けなくなるものと、効果を受けるものの見分け方はありますか?
    A. この能力は、カードテキストで「選び」「選ぶ」と書いてある相手の能力で選ばれないという能力です。(ただし、アタックの対象には選べます)カードテキストに「選び」「選ぶ」と書いていない能力の場合、その効果を受けます。また、「選び」「選ぶ」と書いてあっても、直接選ばれなければ、効果を受けます。例えば「相手のリアガードを1枚選び、そのユニットと同じ縦列にいる相手のリアガード~」というテキストの場合、直接選ばれることはありませんが、効果を受けることがあります。
  • Q3909 (2017-12-08)
    Q. 常にとはどういうことですか?
    A. 能力を与えたユニットの永続や自動能力のパワー増加でも、他のユニットのパワー増加能力でも、相手のパワー減少能力を受けても99999からパワーは変動しません。
  • Q4003 (2018-04-27)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングにつき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません
  • Q4007 (2018-02-23)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q4028 (2018-02-23)
    Q. すでにユニットが置かれているリアガードサークルにもコールできるのですか?
    A. はい、できます。その場合、もともと置かれていたユニットは退却します。
  • Q4037 (2018-02-23)
    Q. カードの効果とはトリガー効果も含みますか?
    A. はい、トリガーがドライブチェックで出た際、その効果をカードを選んで与えているため、カードの効果となります
  • Q4076 (2018-02-23)
    Q. 究極超越とは何ですか?
    A. 究極超越、ならびに究極超越関係のルール、よくある質問に関してはこちらをご参照ください。http://cf-vanguard.com/information/ultimate_stride/

収録情報

エクストラブースターThe AWAKENING ZOOG-EB02/001 ZR イラスト/タカヤマトシアキ死苑
death garden
ブースターパック竜神烈伝G-BT14/SR06 SCR イラスト/タカヤマトシアキ(※なし)