星輝兵(スターベイダー) フリーズレイ・ドラゴン/Star-vader, Freezeray Dragon》

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
リンクジョーカー - サイバードラゴン パワー10000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】【リミットブレイク】(4)(あなたのダメージが4枚以上で有効):あなたのカードの効果で、相手のリアガードが呪縛された時、そのターン中、このユニットのパワー+3000。
【自】【(V)】:あなたのカードがダメージゾーンに置かれた時、相手のリアガードを1枚まで選び、呪縛する。
(呪縛されたカードは、裏向きになり何もできない。持ち主のターンの終わりに表に戻る)

 無限転生で収録されたグレード3のリンクジョーカー

 リミットブレイクは、効果相手リアガード呪縛された時にパワー+3000を得る自動能力

 効果効率が若干良い点を除けば、《凶爪の星輝兵 ニオブ》《魔爪の星輝兵 ランタン》と似たごく単純なもの。
 多重誘発は難しく、爆発的なパワー増加を見込めないため、やや魅力に欠けると言える。
 しかしこの能力はもう1つの自動能力と組み合わせることで他に類を見ない立ち回りが可能となる。

 もう1つの自動能力ダメージゾーンカードが置かれた時、相手リアガード1枚を呪縛できる。
 これによりこのカードダメージを与えられた瞬間、相手前列リアガード呪縛する事で相手の攻め手を大きく鈍らせることができる。
 さらにリミットブレイクが有効になっている場合、相手ターン中にパワー13000以上になることができ、クロスライドに匹敵する防御力を発揮することが可能である。
 カウンターブラストを必要としない呪縛なので、一度呪縛すれば《星輝兵 ダストテイル・ユニコーン》《獄門の星輝兵 パラジウム》による呪縛を気兼ねなく使える利点もある。
 《ネグリジブル・ハイドラ》《イマジナリー・オルトロス》によるサポートがほぼ必須となるが《滅星輝兵 “∞” グレンディオス》起動能力を利用すれば、解呪まで妨害できる能力として利用できる。
 《滅星輝兵 “∞” グレンディオス》超越する場合は《ネグリジブル・ハイドラ》《イマジナリー・オルトロス》とのコンボによる相手リアガード呪縛は不可能となるが、《落日の刀身 ダスクブレード》等を利用すれば十分に補うことは可能。

 通常、この能力相手ターンに受動的にしか使えうことができないが、《ネグリジブル・ハイドラ》《イマジナリー・オルトロス》を組み合わせることで能動的に誘発させることもでき、これらのカードを実質的にリアガードサークル登場した時に相手リアガード1枚を呪縛する強力なカードとして扱うことができる。
 これらのカード元々のパワーが及第点以下でパワーラインが下がりがちになってしまうので、《無双の星輝兵 ラドン》《魔爪の星輝兵 ランタン》を併せて採用したい。
 特に《魔爪の星輝兵 ランタン》リミットブレイクが有効化したこのカードと組み合わせることでパワー21000ラインを超えることができ、相性が良い。

 このカードの弱点は能力誘発させるにはカードダメージゾーンに置くことが必要となるため、ダメージゾーンが5枚になるとほぼバニラ同然になってしまう点。
 序盤は極力ダメージゾーンの増加を抑えてライド後の誘発機会を増やし、中盤以降は呪縛によって相手の攻め手を減らすことで得たアドバンテージを活かしていきたい。
 また、1つ目の能力のコンボを狙う場合、リミットブレイクを終盤に有効化するのでは遅過ぎるため、《日食の星輝兵 チャコール》によって早期に有効化したい。

関連カード

ユニット設定

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ

  • Q758 (2014-02-27)
    Q. リアガードが呪縛されるとどうなりますか?
    A. リアガードが呪縛されると、そのユニットを裏向きにし、ユニットから呪縛カードになります。呪縛カードの持ち主のエンドフェイズの初めに、そのファイターの呪縛カードがすべてスタンド状態で表に戻ります。呪縛カードは、アタックできず、インターセプトできず、移動できず、【(R)】で示される能力は使えず、アタックされなくなります。そのユニットに対して影響を及ぼしていた能力の効果は失われます。呪縛カードがあると、リアガードサークルは呪縛サークルに変わります。呪縛サークルには、メインフェイズに行える手札からのコールも、カードの効果によるコールもできません。
  • Q787 (2014-02-27)
    Q. このユニットがヴァンガードの時、クリティカルが2のユニットのアタックがヒットし、ダメージが2枚から4枚になりました。相手のリアガードを何枚呪縛できますか?
    A. 2枚です。2番目の能力がダメージゾーンに置かれたカード1枚につき、1回誘発するからです。
  • Q788 (2014-02-27)
    Q. このユニットがヴァンガードの時、クリティカルが2のユニットのアタックがヒットし、ダメージが2枚から4枚になりました。2番目の能力で相手のリアガードを2枚呪縛しました。このユニットのリミットブレイク能力は何回誘発しますか?
    A. 2回です。ダメージは1枚ずつ置かれ、そのたびに2番目の能力が誘発しますが、解決するのはダメージ処理の後になります。相手のリアガードを呪縛した時にはダメージゾーンにカードは4枚以上のため、【リミットブレイク】能力が2回誘発します。
  • Q816 (2014-03-07)
    Q. 相手の「聖弓の奏者 ヴィヴィアン」が《ゴールドパラディン》にブーストされて、ヴァンガードのこのユニットにアタックをして、ヒットしました。このユニットの能力でブーストしているユニットを呪縛した場合、「聖弓の奏者 ヴィヴィアン」の能力は使えますか?
    A. いいえ、使えません。ダメージゾーンにカードが置かれた時の能力が先に解決され、「聖弓の奏者 ヴィヴィアン」は「ブーストされているユニット」ではなくなるためです。
  • Q817 (2014-03-07)
    Q. 相手の「蒼嵐候補生 マリオス」がブーストして、ヴァンガードのこのユニットにそのターン中3回目のアタックをして、ヒットしました。このユニットの能力でブーストしているユニットを呪縛した場合、「蒼嵐候補生 マリオス」の能力は使えますか?
    A. いいえ、使えません。ダメージゾーンにカードが置かれた時の能力が先に解決され、「蒼嵐候補生 マリオス」の能力が誘発しなくなるからです。
  • Q818 (2014-03-07)
    Q. 相手のリアガードの「カースド・ランサー」が、ヴァンガードのこのユニットにアタックをして、ヒットしました。このユニットの能力で、その「カースド・ランサー」を呪縛した場合、「カースド・ランサー」の能力は使えますか?
    A. いいえ、使えません。ダメージゾーンにカードが置かれた時の能力が先に解決され、「カースド・ランサー」の能力が誘発しなくなるからです。

収録情報

ブースターパック無限転生BT15/016 RR イラスト/イシバシヨウスケ驕りには、報いがあるべきだ。