新世紀超獣(しんせいきちょうじゅう) ズィール/New Era Beast, Zeal》

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
ディメンジョンポリス - エイリアン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【起】【(V)】:【双闘21000】「銀河超獣 ズィール」(相手ヴァンガードがグレード3以上なら、このユニットは1度だけドロップゾーンから4枚山札に戻し、山札から指定カードを探し、双闘できる)
【自】【(V)】:[【カウンターブラスト】(1)] あなたのカードがダメージゾーンに置かれた時、このユニットが【双闘】しているなら、コストを払ってよい。払ったら、相手のユニットを1枚選び、そのターン中、あなたの、(V)か(R)にある、カード1枚につき、パワー-1000。
【自】【(V)】:このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、相手のヴァンガードのパワーが8000以下なら、【ソウルチャージ】(1)し、あなたのダメージゾーンから1枚選び、表にする。

 宇宙の咆哮で収録されたグレード3のディメンジョンポリス

 シークメイトの指定カードは、ヴァンガードサークルで有効な2つの能力を持つ《銀河超獣 ズィール》

 《銀河超獣 ズィール》起動能力ではこのカード自身と同じように相手ヴァンガードパワーを減らせる。
 コスト効率で劣り、対象にできるのも相手ヴァンガードのみだが、起動能力であることでリミットブレイクが有効化さえしていれば状況に依存せず使用できる。

 永続能力も微力ながらパワーを増やすことができ、《進化怪獣 ダーヴァイン》を利用すれば後から有効化することも難しくない。

 双闘状態での能力は、ダメージゾーンカードが置かれた時にカウンターブラスト(1)で相手ユニット1枚にヴァンガードサークルリアガードサークルにあるカード1枚につきパワー-1000を与える自動能力

 効果量はユニットの枚数に依存するためリアガード削りに弱いものの、リアガードがいなくともパワー-2000は見込める。
 最大ならパワー-7000にまで達するため、ダメージを受けてしまってもその後の相手からのヒットを防ぎやすい。

 2〜6ターン目の間にヴァンガードが大量のダメージを受けて結果的にダメージゾーンの枚数が多くなってしまうとその分だけ誘発機会が失われることになる。
 ノーマルライドグレード1やグレード2のバニラを使用したり、《幼生獣 ズィール》《滅びの瞳 ズィール》《星を喰う者 ズィール》と順当にライドし、それを抑制できると良い。

 誘発条件の関係から基本的に相手ターン中の誘発が主となるが、《コズミック・マザーシップ》《ファイティング・ソーサー》を利用すれば自身のターン中に利用することも可能である。
 それらを複数枚使って重ねがけしたり、《銀河超獣 ズィール》起動能力と併用する等してやれば、相手ヴァンガードパワー0未満にすることさえ可能となる。

 もう1つのアタックヴァンガードヒットした時の自動能力は強力なコスト補充効果であり、要件を満たしていれば必然的に誘発条件も満たしやすい。
 ただ、誘発ダメージ処理より後である都合上、ダメージチェックの結果如何で相手ヴァンガードパワーが増えて要件が満たされなくなるということが起こり得るのが欠点である。

 また、ソウルチャージに関しては《進化怪獣 ダーヴァイン》を使えば元々ソウルが増えやすい上、ディメンジョンポリスに有用なソウルブラストが少ないので活用しにくい。
 《超宇宙勇機 エクスタイガー》の存在から組み込みやすい《レインエレメンタル ティア》の採用を検討してもいいだろう。

関連カード

ユニット設定

突然変異の超獣「ズィール」が、進化の果てに生み出した究極思念体。雲を貫く巨体を誇るが、その体は放出したエネルギーを実体化させた外殻のようなもので、ズィールの本体は胸部付近に収納されている。時に死闘を繰り広げ、時に手を組み、いつしか怪獣とヒーローの間には奇妙な縁が生まれていた。彼らはこれからも星に仇為す者として暴れるだろう。だが、怪獣達も分かっているのだ。その度に「奴らが来る」と。もちろん負ける気など毛頭もない。今日こそ倒すと息巻いて、彼らは何度でもヒーローの前に立ち塞がるのだ。

【宇宙怪獣とは?】
広大な宇宙には、平和な星を侵略し、征服しようと企む悪の存在がいる。
彼らは、その星が持つ物質、魔力、感情エネルギーなど、様々な資源を求めて侵略行為や犯罪行為を繰り返しているのだ。
惑星クレイには、別次元から“ディメンジョンポリス”に追われて逃げ込んだ者と、侵略の為に降り立った者がいるが、それぞれの打算の下に手を組み、ヒーロー達と戦いを繰り広げている。
「目的の為には、手段を選ばない」のが彼らの“悪の美学”。
かつて、ヒーローと一時的に共闘し、標的である惑星クレイを別の侵略者の手から守ったのも、この“美学”に基づくところが大きい。
星を、宇宙を、全てをその手中に収めるまで、彼らは戦い続けるのだ。

FAQ

  • Q1221 (2015-03-12)
    Q. 相手のユニットのパワーが0以下の値になりました。相手のユニットは退却しますか??
    A. いいえ、退却しません。パワーが0以下になっても、ユニットは退却しません。また、他のユニットと同じように能力を使ったり、アタック等もできます。?
  • Q1231 (2015-03-12)
    Q. 双闘しているヴァンガードにアタックするときは、どちらにアタックするのですか?
    A. 双闘20000等の起動能力を持っているほうにアタックできます。双闘相手として指定されているほうをアタック相手として選ぶことはできません。
  • Q1232 (2015-03-12)
    Q. 双闘しているヴァンガードに超越しました。リアガードの「ヴァンガードが双闘しているなら」という条件の能力は発動できますか?
    A. いいえ、できません。
  • Q1233 (2015-03-12)
    Q. パワー45000の「超宇宙勇機 エクスファルコン」のアタックが双闘状態のこのユニットにヒットしました。どちらの能力から先に使用できますか?
    A. このカードの能力を先に使用できます。ヒットした時の能力が誘発するより、ダメージチェックと、それに伴う能力の解決が先に行われます。結果としてパワーが45000未満になった場合、ヒットした時の能力でコストを支払うことはできなくなります。
  • Q1234 (2015-03-12)
    Q. このユニットでパワー8000のヴァンガードにアタックし、ヒットしました。その後、ダメージチェックでトリガーが出たため、相手のヴァンガードのパワーが13000になりました。このユニットの「ヒットした時」の能力は使えますか?
    A. いいえ、使えません。「ヒットした時」の能力はダメージチェックの後なので、「パワーが8000以下なら」の要件を満たせません。
  • Q1235 (2015-03-12)
    Q. 双闘しているヴァンガードは1枚のユニットですか?
    A. いいえ、2枚のユニットです。そのため、能力等でユニットの枚数を数える場合、2枚として数えます。

収録情報

エクストラブースター宇宙の咆哮G-EB01/010 R イラスト/山宗群れ集う銀河超獣。宇宙は絶望に包まれた。