忍竜(にんりゅう) シラヌイ/Stealth Dragon, Shiranui》

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
ぬばたま - アビスドラゴン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】:[【カウンターブラスト】(1)] あなたのターン中、あなたのGユニットが【超越】した時、コストを払ってよい。払ったら、相手のリアガードを1枚まで選び、表でバインドし、相手は自分の手札から1枚選び、捨てる。そのターンの終了時、相手はこの効果でバインドされたカードを自分の手札に加える。
【自】【(V)】【Gブレイク】(2):このユニットがアタックした時、あなたの手札の枚数が相手より少ないなら、そのバトル中、このユニットのパワー+5000/クリティカル+1。

 The RECKLESS RAMPAGEで収録されたグレード3のぬばたま

 ストライドスキルは、カウンターブラスト(1)で相手リアガードを1枚まで表でバインドし、相手手札から1枚をドロップし、そのターンの終了時に相手はこの効果バインドされたカード手札に加える自動能力

 バインドしたカードターンの終了時の時限誘発相手手札に加えれられてしまうが、手札からドロップさせたカードはそのままなので、相手に1枚分のディスアドバンテージを確実に与えることができる。

 コスト競合が起こりやすくなるが《六道忍竜 ツクモラカン》能力と併用すれば、相手手札を3枚にできるので、ノーマルコールインターセプト等の一般的なガード手段に大きく制限をかけることができ、《夜霧の忍鬼 アギトマル》《忍獣 クロコ》での相手バインドゾーンからドロップゾーン送りが狙い易くなる。
 また、相手カードを多くバインドゾーン送りにできるので、《忍竜 コクジョウ》も大幅なパワー上昇が見込めるものの、バインドゾーンへの移動はライドフェイズに行われるので2ターン前に予めコールしておく必要がある。

 2つ目の能力は、アタックした時に手札相手より少ないならパワー+5000/クリティカル+1を得るジェネレーションブレイク(2)の自動能力

 コストは一切要求されないとはいえ、使えるタイミングが単純に遅いだけでなく、手札相手より少なく調整しておく必要があるので安定して狙うのはなかなか難しい。

  • 惑星クレイから鬼丸カズミにディフライドしている存在の正体でもあり、気性の荒い者の多いドラゴンエンパイアの中ではかなり穏和で、部下想いのある責任感の強い性格として描かれている。他のディフライダーに対してはその正体について知る知らないに関わらず基本的には同胞として接している。
    • 惑星クレイでは、ぬばたまの中でも雑兵として扱われる「シラヌイ」一族の長として部隊を率いていたが、蔑まれ、犠牲を増やすばかりの日々に絶望していたところを「レリクス」の使者と名乗る《六道忍鬼 アタゴロード》《閻魔忍鬼 ムジンロード》《閻魔忍竜 マグンテンブ》と出会い、惑星クレイの運命は地球の娯楽である「ヴァンガード」によって左右されている事を告げられた。《邪神司教 ガスティール》によって「ヴァンガード」を破壊する為に「主」の器を探す事を命じられ、「主」の力の一部である邪眼を移植された。
    • 「レリクス」の手引きで鬼丸カズミにディフライドしてからはその精神を支配して行動を始めた。カズミのチームメイトで偶然ディフライダーとなっていたミゲル・トルレスと出会い打ち解ける。自身と異なり人間を好意的に見ていた彼に興味を持ち、彼が見た人間の可能性を垣間見る為に共に「U20 チャンピオンシップ」へ出場する約束を交わし、同じくカズミのチームメイトでディフライダーとなっていたベルノ・ファーレンハートとも打ち解け、3人で「U20 チャンピオンシップ」に出場しようとするが、突如ミゲルが死亡してしまい、人間の脆さを知る。

関連カード

ユニット設定

帝国の諜報部隊“ぬばたま”で近年名を上げ始めた「不知火」一派の長。
若くして一派を治める忍竜となった契機は、かの“時空混線”と“超越”現象にあると言う。
帝国西部で起きた「ルートフレア」の事件、そして東方で起きた「カガミジシ」の事件などの陰で、
このシラヌイの身にも“超越”現象が起きていた。
天より現れた面妖な天狗は、宙を歩むようにシラヌイへ近寄り、「アタゴ」と名乗ったらしい。
その場で何があったかはシラヌイ自身も語ろうとはしないが、
額に邪眼を移植し、外法をもって強力な妖術を使うようになったのはその時期からである。

現在では、名門「金剛」一派と並ぶほどの勢力となった「不知火」。
使い方を誤れば命を落とすことになる外法がもたらすは、一夜の栄華か、はたまた死か。
今はまだ、誰も知る由はない。


帝国が誇る諜報部隊、“ぬばたま”の一員。さまざまな力を秘めた「邪眼」を使う一派、「不知火」を束ねる長。かつての「不知火」は血縁だけで構成される、良くも悪くも平凡な部隊であり、その長である「不知火」も邪眼など持たない凡百の忍であった。しかし、任務中に敵将の策によって一族すべてが根絶やしにされるという痛ましい事件が起こり、1人生き残ったシラヌイは行方を眩ませてしまう。以降長らく行方がわからなくなっていたが、半年が過ぎた頃、急に帰還し戦線へと復帰した。この時すでに、邪眼を得ていたという。その後、シラヌイは堅実に功績を積み上げ、新たな部隊を設立。彼らに邪眼を伝授し、新生「不知火」一派とした。なお、現在は再び行方不明となっており、“ギアクロニクル”による調査の結果、不正な手段で惑星「E」に向かった可能性が有力となっている。

FAQ

  • Q1844 (2016-01-21)
    Q. この効果でバインドされたカードが、バインドゾーン以外の領域に移動した場合、そのカードはターンの終了時に手札に加えられますか?
    A. いいえ、加えられません。
  • Q1850 (2016-01-21)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q1851 (2016-01-21)
    Q. このユニットがアタックし、+5000/+1したあとに手札の枚数が変化し、相手より多くなった場合はどうなりますか?
    A. パワーやクリティカルはそのままです。解決後にも手札の枚数をチェックし続けるわけではありません。
  • Q3345 (2017-06-08)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q3387 (2017-06-08)
    Q. バインドゾーンの裏向きのカードは公開情報ですか?
    A. いいえ、違います。バインドゾーンに裏向きで置かれているカードの情報は、そのカードのオーナーのみ見ることができます。
  • Q3426 (2017-06-08)
    Q. この効果でバインドされたカードが、バインドゾーン以外の領域に移動した場合、そのカードはターンの終了時に手札に加えられますか?
    A. いいえ、加えられません。

収録情報

テクニカルブースターThe RECKLESS RAMPAGEG-TCB01/005 RRR イラスト/近藤途轍第三の目。あれは、禁忌の力だ。
G-TCB01/S02 SP イラスト/近藤途轍(※なし)
ブースターパック鬼神降臨G-BT11/Re:02 Re デザイン:近藤途轍 イラスト:前河悠一禁忌の瞳は、まだ見ぬ力が秘められていると言う。
G-BT11/S20 SP デザイン:近藤途轍 イラスト:前河悠一(※なし)