(あらし)()海賊王(かいぞくおう) ガッシュ/Tempest-calling Pirate King, Goauche》

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
グランブルー - ヴァンパイア パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】:[【カウンターブラスト】(1),【ソウルブラスト】(1),Gゾーンから裏の「嵐を呼ぶ海賊王 ガッシュ」を1枚選び、表にする] このユニットが(V)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、ソウルから5枚まで選び、ドロップゾーンに置き、ドロップゾーンから、この効果でドロップゾーンに置かれたカードと同じ枚数選び、別々の(R)にコールし、そのターン中、Gゾーンの表のカード1枚につき、そのユニットのパワー+1000。

 超極審判で収録されたグランブルーGユニット

 ヴァンガードサークル登場した時にカウンターブラスト(1)とソウルブラスト(1)とGペルソナブラストで、ソウルから5枚までをドロップゾーンに置き、ドロップゾーンからこの効果ドロップゾーンに置いたカードと同じ枚数のカードスペリオルコールし、Gゾーンの表のカード1枚につきそのユニットパワー+1000を与える自動能力を持つ。

 効果ソウルからドロップゾーンに置いた枚数だけドロップゾーンカードスペリオルコールできる。
 ドロップゾーンカードが少ない状況で利用した場合でも、コスト効果ソウルからドロップゾーンに置いたカードスペリオルコールすれば良いので、ソウルを稼いでおけばそれ以外の下準備の手間はある程度省略できる。
 継続効果によるパワーの増加はこのスペリオルコールに比べると地味な効果だが、Gゾーンの表のカードの枚数が貯まっていたり、スペリオルコール枚数が多い場合には侮れない性能である。

 しかし、最大の5枚をスペリオルコールするには、コストも含めてソウルを6枚以上確保しておく必要がある。
 ソウルの枚数を持て余すほど稼げるデッキなら問題ないが、そうでないデッキで利用するとなると2~3枚程度をスペリオルコールするのが限度となる。
 さらに他のソウルを利用するカードとの兼ね合いも考慮しなければならず、運用に難しい部分は多い。

  • アニメ「カードファイト!! ヴァンガードG ストライドゲート編」では蝶野アムが使用するカード

関連カード

ユニット設定

クレイの海を股にかける大海賊連合“グランブルー”の船長の1人「ナイトローゼ」が超越によって召喚した未来の存在。「暇と退屈が海軍より嫌い」という理由で、自分から“アクアフォース”に喧嘩を売りにいく問題児。その行動は召喚主であるナイトローゼにも制御できず、少しでも暇を持て余そうものなら、現代でも海軍の船を沈めようと画策し出す。ナイトローゼの中で「海の上で呼んじゃいけない野郎No.1」に見事昇格し、以降は陸での戦闘時のみ召喚されるようになったという。元いた未来では、鉄紺色の髪をしたアクアロイドと浅からぬ因縁があるらしく、暇を持て余す度に彼との戦いの日々を語り出す。「奴の大刀は巨人の一撃より重かった」、「骨を折っても澄まし顔してムカつく」などなど。なお、最近は語り出した矢先に強制送還されるため、追加エピソードは当分聞けなさそうである。

FAQ

該当するQ&Aはありません

収録情報

ブースターパック超極審判G-BT08/009 RRR イラスト/碧風羽凪の海は退屈だろう? 俺が荒らし回ってやるよ!
G-BT08/S07 SP イラスト/碧風羽(※なし)