寡言(かげん)解放者(リベレイター) ブレンニウス/Taciturn Liberator, Brennius》

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
ゴールドパラディン - ヒューマン パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(R)】:他のあなたのユニットが山札から(R)に登場した時、あなたのカード名に「解放者」を含むヴァンガードがいるなら、そのターン中、このユニットのパワー+2000し、【自】(R)】:このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、あなたのダメージゾーンから1枚選び、表にする。』を得る。

 覇道竜星で収録されたグレード2のゴールドパラディン

 「解放者」のヴァンガード要件としている。
 安定した利用を狙うならグレード3を《村雨の解放者 コイル》《孤高の解放者 ガンスロッド》等の「解放者」で固めたデッキで扱うことになる。

 要件が共通する《曇天の解放者 ゲライント》と比較すると、パワーの増加効率では劣る。
 一方で、誘発条件は緩く、ガード強要を行う能力を得られる点では勝る。

 【ゴールドパラディン】であれば《村雨の解放者 コイル》等、山札からスペリオルコールを行う手段が豊富に存在しており、《きゃっちがる・解放者》等を絡めることで複数回の誘発を狙うこともできる。
 そうして誘発回数を積み重ねていけばスペリオルコールコストで消費した枚数以上にダメージゾーンカードを表にすることも狙える強力なガード強要が行える。

 【解放者】であれば、《解放者 モナークサンクチュアリ・アルフレッド》起動能力で4回の誘発を狙うことできる。
 ダメージゾーンカードを一気に表にするといった芸当も可能で、《青き炎の真・解放者 ホーリーフレイム》《青き炎の解放者 プロミネンスコア》《青き炎の解放者 プロミネンスグレア》等を利用して継続的に利用するといったことも狙える。

関連カード

ユニット設定

神聖国家第二正規軍“ゴールドパラディン”の騎士にして、特殊部隊「解放者」の一員。かつて聖域最強と謳われた騎士団、「青炎騎士団(ブレイズパラディン)」の団長が愛用していた剣型兵装を受け継ぐ一族の末裔。彼らの一族は、兵装の安定性を示し青炎騎士団を再結成するという夢を持ち続けてきた。彼もまた、子へ孫へと兵装を託し、長き夢を繋いでゆくのだろう。

FAQ

  • Q1355 (2015-05-28)
    Q. この能力で得る能力は、重複して効果を発揮しますか?
    A. はい、重複して効果を発揮します。
  • Q1356 (2015-05-28)
    Q. 複数のユニットが同時に山札からリアガードサークルに登場した場合、この能力は何回発動しますか?
    A. 山札からリアガードサークルに置かれたユニットの枚数分発動します。

収録情報

ブースターパック覇道竜星G-BT03/027 R イラスト/てるみぃ青き炎は、確実に次代に継がれていく。