学園(がくえん)処罰者(しょばつしゃ) レオパルド “Я(リバース)”/School Punisher, Leo-pald "Яeverse"》

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
グレートネイチャー - ハイビースト パワー11000 / シールドなし / ☆1
【起】【(V)】【リミットブレイク】(4)(あなたのダメージが4枚以上で有効):[あなたの《グレートネイチャー》のリアガードを1枚選び、呪縛する] あなたの《グレートネイチャー》のリアガードを2枚まで選び、そのターン中、パワー+4000し、【自】(R)】:あなたのターンの終了時、このユニットを退却させる。』『【自】:あなたのエンドフェイズ中、このユニットが(R)からドロップゾーンに置かれた時、このカードをユニットのいない(R)にコールする。』を与える。
(呪縛されたカードは、裏向きになり何もできない。持ち主のターンの終わりに表に戻る)
【永】【(V)】:あなたのソウルに「学園の狩人 レオパルド」があるなら、このユニットのパワー+2000。
【永】【(V)/(R)】:盟主(共通するクランがないあなたのユニットがいるとアタックできない)

 絶禍繚乱で収録されたグレード3のグレートネイチャー

 リミットブレイクは、グレートネイチャーリアガード1枚の呪縛で、リアガード2枚までにパワー+4000と『ターンの終了時に自身を退却させる自動能力』『エンドフェイズ中、リアガードサークルからドロップゾーンに置かれた時に自身をスペリオルコールする自動能力』を与える。

 《学園の狩人 レオパルド》能力と似ているが、コストリアガード1枚の呪縛のみでカウンターブラストを必要とせず、確実にディスアドバンテージを相殺できる。

 また、《鉛筆騎士 はむすけ》《ぐるぐるダックビル》などのディスアドバンテージ回避のカードと合わせればアドバンテージのみを受けることができる。

 気兼ねなく使える能力ではあるが、1枚を呪縛することで見た目ほどパワーラインの強化が大きくならない部分は注意したい。
 能力の重ねがけができる点、スタンドトリガー《矛盾教官 タスク・マスター》などスタンドする手段を多く用意することで単体が高パワーである点を活かしていきたい。

 この起動能力自体も重ねがけが可能であり、例えば後列3枚全てを呪縛して前列2枚にパワー+12000を与えることもできる。
 この場合、左前列と右前列が単独パワー21000以上を容易に叩き出せるようになる反面、中央列のパワーが最低限になってしまう点がネックとなる。
 中央後列のみ残しておく、強化を左列か右列に絞ってクリティカルトリガーを狙うなど、状況を見て使い分けていきたい。

 更に《タンク・マウス》《テレスコープ・ラビット》等の能力とは、レスト効果対象に課せられるターンの終了時に退却させる時限誘発のリスクを同時に補うことができるため非常に相性が良い。

 他にもブーストを持たないリアガードや極端にパワーの低いブーストしか行えないリアガードコストにすれば、一般的なブーストに見劣りしないパワーを他のリアガードに与えることができるので、リアガードの数さえ十分に揃っていれば、ある程度その質を度外視できる部分も利点となる。

 他にもスペリオルコールによってリアガードの位置を調整することができる為、序盤で速攻を行うためにやむなくグレード1以下のカードを同じ縦列に並べてしまった場合や、能力だけを目当てに後列コールした《セットスクエア・ペンギン》等をより適正なリアガードサークルに配置しなおしたり、位置制限がある退却呪縛を得意とする【なるかみ】【リンクジョーカー】能力からリアガードを守る目的で、一時的に他のリアガードサークルスペリオルコールするのも有効である。
 ただし、ユニットのいないリアガードサークルへのスペリオルコールは強制なので、ユニットのいないリアガードサークルがない場合はうまくリアガード退却呪縛から守れない場合もあるので、注意したい。

 クロスライドを無視する形になるが、《特別名誉博士 シャノアール》ブレイクライドすれば自身も単独パワー21000になるため、気兼ねなく後列全てを呪縛してもヴァンガードが十分なパワーラインを形成できるため、相性が良い。

 総じてリアガードサークルの殆どを埋めることを遠回しに強要する能力であるといえるので、リアガード退却又は呪縛する能力は苦手としている。

 クロスライドについて、《特別名誉助手 みけさぶろー》の存在を考えると比較的成立させやすく、他のグレード3と比較して大きな差別化のポイントとなるので積極的に狙っていくと良いだろう。

  • アニメでは第137話(VSジリアン・チェン)でファジル・アリが使用。クロスライドし、その後フィニッシャーとなっていた。また、同話で共にファイトしていたリー・シェンロンも使用していたと思われる描写がある。
    • ライド時の台詞は「ジャングルの闇の王者。何者をも噛み砕くその鋭き牙で、弱者を喰らい尽くせ! ライド! 《学園の処罰者 レオパルド “Я”》!」
      • 直前のカットの盤面やパワーの数値からクロスライドしていることが分かるが、経過の描写されないファイトだったためか、「クロスライド」とは言っていない。
    • フィニッシャーとなった時のアタック名は「オプシディアン・ソード」
    • クロスライド能力を持つ「Я」は、クロスライド元のカードを以前に使用しているキャラクターがそのまま使用するのが作中での通例となっているが、このカードに限っては《学園の狩人 レオパルド》の使い手であったクリストファー・ロウが使用するシーンはなかった。
      • ファイト面においても、使われたのは描写がほとんどカットされたファイトのみと、基本的に敵サイドの切り札として1回以上はファイト描写のある「Я」カードの中では扱いの悪さが目立つ。

関連カード

ユニット設定

虚無(ヴォイド)」の化身“リンクジョーカー”の力により、存在を歪められた「レオパルド」の姿。 学内で最も早く「星輝兵」と接触するも、彼らが単独で侵攻してきた事も相まって二度の撃退に成功。 しかし、皮肉にもその実績が彼らに目を付けられる原因となってしまった。 邪智深い「道化」に狙われた「レオパルド」は、言葉巧みに真理について語る彼に翻弄されながら刃を交えるも、力及ばず反転させられてしまう。 傀儡となった彼は探し得なかった真理に辿りついたと歓喜し、新たな真理と相半する思想を持つ者への処罰を始める。 傲慢なる暴君の背に光るは、歪められた心を体現する禍の刃。 正義に燃え、秩序を愛した狩人は、学園に仇なす不遜な処罰者へと堕ち、牙の如き黒輪は主の身を束縛するかのように寄り添い揺らめく。 偽りの真理を語る度、高潔を極めた魂は虚無と言う名の泥で汚されていく。

FAQ

  • Q592 (2013-09-12)
    Q. リアガードが呪縛されるとどうなりますか?
    A. リアガードが呪縛されると、そのユニットを裏向きにし、ユニットから呪縛カードになります。呪縛カードの持ち主のエンドフェイズの初めに、そのファイターの呪縛カードがすべてスタンド状態で表に戻ります。呪縛カードは、アタックできず、インターセプトできず、移動できず、【(R)】で示される能力は使えず、アタックされなくなります。そのユニットに対して影響を及ぼしていた能力の効果は失われます。呪縛カードがあると、リアガードサークルは呪縛サークルに変わります。呪縛サークルには、メインフェイズに行える手札からのコールも、カードの効果によるコールもできません。
  • Q593 (2013-09-12)
    Q. このユニットの起動能力は何度でも使えますか??
    A. はい。コストを払える限り、メインフェイズ中に何回でも発動できます。
  • Q619 (2013-09-12)
    Q. エンドフェイズ中に、このユニットの【リミットブレイク】能力で選ばれたユニットがドロップゾーンに置かれ、そのユニットは【リミットブレイク】能力で付与された能力で(R)にコールされました。さらに、そのコールされたユニットを退却させた場合、そのユニットは【リミットブレイク】能力で与えられた能力で再び(R)にコールされますか。
    A. いいえ、コールされません。一度、(R)からドロップゾーンに置かれたカードは別のカードとして扱われるため、(R)にコールされた時には【リミットブレイク】能力で付与された能力を持っていません。
  • Q628 (2013-09-12)
    Q. このユニットのコストとして、「インテリねずみ」でパワー+4000したユニットを呪縛しました。ターン終了時にそのユニットは表になりますが、退却しますか。
    A. いいえ、退却しません。呪縛されたカードは、呪縛される前に受けていた効果を失うからです。

収録情報

ブースターパック絶禍繚乱BT13/019 RR イラスト/山宗そう、それは究極の真理「だった」。今からは、これが真理だ!
BT13/S11 SP イラスト/山宗違う。それは「真理」ではない。
「今のところ反論が無い仮定」だ。