五戒法神(ごかいほうじん) ヤスイエ・ゲンマ/Dharma Deity of the Five Precepts, Yasuie Genma》

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
むらくも - デーモン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【起】【(V)】【ターン1回】:[【ソウルブラスト】(1),あなたのGゾーンからこのユニットと同名の裏のカードを1枚選び、表にする] あなたの、(R)かドロップゾーンから1枚選び、山札からそのカードと同名のカードを1枚まで探し、(R)にコールし、山札をシャッフルし、そのターンの終了時、そのコールされたユニットを手札に戻す。
影縫 - 【自】【(V)】【Gブレイク】(3):このユニットがヴァンガードにアタックし、ヒットしなかったバトルの終了時、ユニットを5枚まで選び、そのターン中、パワー+5000/クリティカル+1。

 究極超越で収録されたむらくもGユニット

 1つ目の能力は、1ターン1回、ソウルブラスト(1)とGゾーンの自身と同名の裏のカード1枚を表にすることで、リアガードサークルドロップゾーンから1枚選び、山札からそのカード同名のカード1枚までスペリオルコールし、そのターンの終了時にそのコールされたユニット手札に戻す起動能力

 《忍妖 オボロカート》等と同様に山札から目標にしたカード時限誘発付きでスペリオルコールする能力となっているが、その目標リアガードサークルに加えてドロップゾーンからも選べる。
 ドロップゾーンに置かれたカードの種類が増えるほど選択肢は広がるが、この能力コストに含まれているソウルブラストを利用することで疑似的にソウルからも選べる他、このカード超越スキルコストドロップも利用できるのでリアガードサークルドロップゾーンカードが1枚もいない状態でも利用しやすい。
 また、時限誘発によってコールしたユニット手札に戻るため1枚分のアドバンテージとなり、領域移動誘発の再利用や呪縛等の回避に繋がる他、山札から間接的に欲しいカード手札に加える手段にも活用が狙える。

 2つ目の能力は、ヴァンガードアタックし、ヒットしなかったバトルの終了時にユニット5枚にパワー+5000/クリティカル+1を与える影縫ジェネレーションブレイク(3)の自動能力

 ジェネレーションブレイク(3)の制限付きだが、ヴァンガードアタックしてヒットしなかったバトルの終了時に後続のユニット5枚のパワークリティカルの増加が行う。
 この能力が有効かつ相手ダメージゾーンが4枚の状態でヴァンガードアタックすることで、アタックヒットした場合は相手ダメージゾーンが5枚となることで、ヒットしなかった場合は後続となる左列右列に合計パワー+10000/クリティカル+1を与えることで、それぞれ後続のユニットでフィニッシュ狙いのガード強要に繋げることができる。

 影縫能力によって自身のスタンドが行える《遺恨の忍鬼 ソデハギ》後列からアタックを可能とする類の能力を持つ《羨慕の忍鬼 イキュウ》《忍竜 ヤシャバヤシ》《報復の忍鬼 オオボシ》とは相性が良く、パワークリティカルの増加をより有効に活かせるようになる。

関連カード

ユニット設定

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

  • フレーバーテキストの「無形の陰鬼、障碍をなさば、何をもって斬り給うや。」は、歌舞伎の演目「勧進帳」での富樫泰家の台詞。
    • なお、「勧進帳」では「無形の陰鬼陽魔、仏法、王法に障碍をなさば、何をもって、斬り給うや。」である。
      弁慶らの帯刀の訳を聞いた後、泰家がさらに投げかけた問いで、「実体のない、害ある死霊や魔物はどのようにして斬るのか」といった意味。

FAQ

  • Q3564 (2017-11-17)
    Q. 山札からカードを探した時、山札に当てはまるカードや見つけたいカードがなかった場合はどうしますか?
    A. 何も探さない場合は、そのままシャッフル等その後に指示されている処理を実行してください。
  • Q4214 (2018-10-05)
    Q. 【ソウルブラスト】(1)によりドロップゾーンに置いたカードも、“(R)かドロップゾーンから1枚選び”という効果により選択できますか?
    A. はい、選択できます。“(R)かドロップゾーンから1枚選び”という効果は、コストの支払いが行われた後に解決されます。そのため、既に【ソウルブラスト】(1)により選択したカードはドロップゾーンに置かれている状態のため、選択することは可能です。

収録情報

ブースターパック究極超越G-BT13/010 RRR イラスト/増田幹生無形の陰鬼、障碍をなさば、何をもって斬り給うや。
G-BT13/S06 SP イラスト/増田幹生(※なし)