一利(いちり)斎女(いつきめ) ナナセ/One Advantage Miko, Nanase》

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
オラクルシンクタンク - ヒューマン パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(R)】:[【カウンターブラスト】(1),【ソウルブラスト】(1)] このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、コストを払ってよい。払ったら、山札の上から2枚見て、1枚を手札に加え、1枚を山札の下に置く。
【永】【(R)】【Gブレイク】(2) 神託(あなたの手札が5枚以上で有効):あなたのターン中、あなたの手札1枚につき、このユニットのパワー+1000。

 竜皇覚醒で収録されたグレード2のオラクルシンクタンク

 1つ目の能力は、アタックヴァンガードヒットした時にカウンターブラスト(1)とソウルブラスト(1)で、山札の上から2枚見て、1枚を手札に加え、1枚を山札の下に置く自動能力

 こちらは序盤の3~4ターン目から使えるガード強要能力となっており、誘発に成功すれば質の良い疑似ドローによって手札を1枚増やすことができる。

 2つ目の能力は、手札1枚につき、パワー+1000を得るジェネレーションブレイク(2)と神託自動能力

 こちらはジェネレーションブレイク(2)と神託の2つの制限があるので使えるタイミングは遅めだが、手札の枚数に応じてパワー+5000以上を得られる。
 ドライブチェック等でただ手札を増やすだけでも効果量は稼げるので、シールドの要求値が増加するのであれば、ドライブチェックの他、《神魂烈士 アメノオシホ》《交感の斎女 ナズナ》といった手札の増加手段を利用し終えておくと良いだろう。

 ただし、パワー+6000する程度であれば、3~4ターン目の段階から同等のパワーとなる《プロミス・ドーター》(Vシリーズ)等もあるので、それ以上のパワーの増加を目指すか、自動能力の存在で差別化を図りたい。

 コストGゾーンの表のGユニットの枚数を稼ぎつつドローを行うことで有効化の補助、コール制限で高パワーの有効活用が狙いやすくなる《静水の祭神 イチキシマ》との相性も良い。

関連カード

ユニット設定

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ

  • Q3538 (2017-08-24)
    Q. 見たカードの中に、当てはまるカードや見つけたいカードがなかった場合はどうしますか?
    A. 置く場所を指定されている場合はその指示に従い、そのままシャッフル等その後に指示されている処理を実行してください。
  • Q3540 (2017-08-24)
    Q. []の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。
  • Q3541 (2017-08-24)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。

収録情報

ブースターパック竜皇覚醒G-BT12/026 R イラスト/海鵜げそ無駄を省いて、利益を追求いたしましょう。