《ヴェーヌス・ブラウクリューガー/Venus Blaukluger》

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
ノヴァグラップラー - バトロイド パワー7000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(R)】【ターン1回】【Gブレイク】(1):あなたの「ブラウ」を含むヴァンガードの効果で、他のあなたのリアガードが【スタンド】した時、このユニットを【スタンド】し、そのターン中、パワー+3000。

 剣牙激闘で収録されたグレード1のノヴァグラップラー

 1ターンに1回、「ブラウ」のヴァンガード効果で、他のリアガードスタンドした時に自身をスタンドし、パワー+3000を得るジェネレーションブレイク(1)の自動能力を持つ。

 「ブラウ」のヴァンガード効果による他のリアガードスタンドに連動してスタンドし、パワー+3000を得る。

 誘発条件が少々限定的なものとなっており、それに対応する「ブラウ」のカードの中では前列の「ブラウ」のリアガードの確実なスタンドが行える《メルクーア・ブラウクリューガー》との相性が特に良い。
 《メルクーア・ブラウクリューガー》と組み合わせた場合、このカードをいずれかの後列に置いておくだけで、パワー+10000のブースト役として無駄なくスタンドでき、それによって《メルクーア・ブラウクリューガー》パワーの増加にも繋がる。
 その際、スタンドしているリアガードが3枚以上となるので、3回目のバトル《フォルモーント・ブラウクリューガー》能力で与えられたコール制限能力も活かせる状態にできる。
 《ゾンネ・ブラウクリューガー》《ブレーザー・ブラウクリューガー》とのコンボが前提となるがリアガード4枚をスタンドできる《ノイモーント・ブラウクリューガー》を利用する方法もあり、そちらの場合はリアガード5枚をパワーを増やした状態でのスタンドに繋げられる。

 他の誘発条件を満たし得る「ブラウ」のカードを利用する場合は、アタックヴァンガードヒットした時という誘発条件ジェネレーションブレイク(1)が有効となっているような遅いタイミングで満たすことが前提となる。
 《ギャラクシー・ブラウクリューガー》の場合は誘発条件の対応範囲が多少広い分だけ誘発は狙いやすくなるが、左列右列後列に置いた上でスタンドトリガーないし、《ウーラヌス・ブラウクリューガー》《レギア・ブラウランツェ》等の前列リアガードスタンドする手段が別途必要となる。
 その他、《モーント・ブラウクリューガー》が与える能力を利用する方法も考えられるが、そちらを利用した場合は確実に誘発が狙える反面、こちらのスタンド効果の不発は避けられず、結果的にパワーのみを得ることになることに注意しておきたい。

 「ブラウ」のカードハーツ化したGユニット能力を利用する方法では、《メテオカイザー バスタード》《メテオカイザー ビクトール》等の確実な誘発条件リアガードスタンドが行える能力を利用できるので、安定した利用が狙える。

関連カード

ユニット設定

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ

該当するQ&Aはありません

収録情報

ブースターパック剣牙激闘G-BT10/092 C イラスト/ひがしその砲撃の輝きは、明星に例えられる。