《ヴェアカッツェ・レクルト/Werkatze Rekrut》

トリガーユニット 【醒】(スタンドトリガー) 〈0〉 (ブースト)
ダークイレギュラーズ - ワービースト パワー4000 / シールド10000 / ☆1
【永】【(R)/(G)】【Gブレイク】(1) 深闇(このターン中、あなたのソウルにカードが置かれているなら有効):あなたのソウルが10枚以上なら、このユニットのパワー+5000/シールド+5000。
【自】【(G)】:アタックがヒットしなかった時、このユニットをソウルに置いてよい。

 鬼神降臨で収録されたダークイレギュラーズスタンドトリガー

 1つ目の能力は、ソウルが10枚以上なら、パワー+5000/シールド+5000を得るジェネレーションブレイク(1)と深闇永続能力

 ジェネレーションブレイク(1)と深闇の二重の制限付きだが、有効化すれば1枚でシールド15000のガーディアンとして利用できるようになる。
 2つの制限についてはその前のバトル《偽りの闇翼 アグラト・バト・マラト》コールしておけば要件で必要となるソウルの枚数を稼ぎつつ、容易く有効化が狙える。
 ジェネレーションブレイク(1)が有効化しているなら、《ロック・ザ・ウォール》等の能力を利用することでも次のバトルから利用が狙え、深闇能力を持つヴァンガードがいるなら《リスティヒ・ヴァンピーア》を利用することでそのターンで1回目のバトル中からでも確実に利用が狙える。

 また、リアガードサークル上でも有効化していれば単体パワー9000となるので、前列後列のどちらにおいても使える緊急用のリアガード要員として利用することができる。
 ただし、ガーディアンとして優秀なこのカードリアガードサークルノーマルコールしてしまうとシールド10000以上の損失が発生し、次のターンの守りに差し支えてしまう可能性がある点に注意しておきたい。
 一応、《グレンツェント・ヴァンピーア》コストに対応しているため、用済みになった場合はそちらのコストに利用することで1:1交換以上の効率で有効消費することができる。

 2つ目の能力は、アタックヒットしなかった時に自身をソウルに置ける自動能力

 誘発条件が不安定な《ロック・ザ・ウォール》といった性能だが、こちらはトリガーユニットなのでメインデッキに入れるノーマルユニットの枠を圧迫しないのが利点となる。
 誘発に成功すればソウルが1枚増え、その後にコールする予定の別の《ヴェアカッツェ・レクルト》の2つ能力も活かしやすくなる。

関連カード

ユニット設定

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ

  • Q3384 (2017-06-08)
    Q. この能力は相手のターン中も有効なのですか?
    A. はい、そうです。
  • Q3420 (2017-06-08)
    A. 深闇とは、このターン中にあなたのソウルにカードが置かれていれば有効になる能力です。深闇能力を持つユニットが出る前でも、同一ターン中にソウルにカードが置かれていればすべて有効になります。
  • Q3421 (2017-06-08)
    Q. 【ソウルチャージ】以外の手段でソウルにカードが置かれても有効になりますか?
    A. はい、有効になります。ただし、ライドによってヴァンガードサークルにあったカードがソウルになることでは有効になりません。
  • Q3422 (2017-06-08)
    Q. 深闇能力は、2枚、3枚とソウルにカードが置かれた場合、効果も2倍、3倍になりますか?
    A. いいえ、なりません。

収録情報

ブースターパック鬼神降臨G-BT11/093 C イラスト/佐久間さのすけ影の侵入を許せば、やがては闇に呑まれるだろう。