《ロッククライム・ドラグーン/Rockclimb Dragoon》

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
なるかみ - ヒューマン パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】【Gブレイク】(1):[【カウンターブラスト】(1),【ソウルブラスト】(1)] このユニットが(R)に登場した時、あなたの「ヴァンキッシャー」を含むグレード3以上のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、相手は自分のリアガードを1枚選び、退却させ、そのカードを表でバインドし、そのターン中、このユニットのパワー+2000。

 月煌竜牙で収録されたグレード2のなるかみ

 ジェネレーションブレイク(1)は、リアガードサークル登場した時にグレード3以上の「ヴァンキッシャー」のヴァンガードがいるなら、カウンターブラスト(1)とソウルブラスト(1)で、相手リアガード1枚を退却させ、そのカードを表でバインドし、パワー+2000を得る自動能力

 使えるタイミングが6ターン目以降な上に、グレード3以上の「ヴァンキッシャー」のヴァンガードとの併用が前提となるが、《ドラゴニック・ヴァンキッシャー》Gユニット超越した時の能力との組み合わせによって、6〜7ターン目のメインフェイズ雷激2を有効にして、それの利用が狙えるのが利点。

関連カード

ユニット設定

名将「ドラゴニック・ヴァンキッシャー」の下で戦う“なるかみ”の一員。
陸地での戦闘に特化した体を持つ「地竜」に騎乗して戦う戦士で、
空が主戦場の「飛竜」が大半を占める“なるかみ”においては珍しい存在。

地竜はその名の通り、大地を主戦場とする竜の一種であり、飛竜よりも強靭な体と鱗を持つ。
反面、速度に関しては飛竜にやや劣り、かつ空飛ぶ翼も持たないため、活動範囲がかなり限定される。

広大な国土を誇るドラゴンエンパイアにおいて、「活動範囲が狭い」というのは致命的であり、
この1点に優れているという理由で、人と組んで戦うのは飛竜の方が向いているとされてきた。

しかし、ヴァンキッシャーは地竜の利点を見直し、優秀な戦士を育成すべく、地竜の積極的な運用を取り入れる。
やや未熟な若い竜を、ベテランの戦士と組ませることで、戦い方はもちろん、戦場のいろはや他種族との接し方を
学ばせようというのである。
いずれ訪れるやもしれない戦に備え、竜と人は日々ともに研鑽を積んでいく。

FAQ

  • Q1690 (2015-11-11)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q1702 (2015-11-11)
    Q. この能力で、相手は抵抗を持つユニットを選べますか?
    A. いいえ、選べません。ユニットを選ぶのが相手であっても、カードの効果はあなたの効果なので、相手は抵抗を持つカードを選ぶことができません。
  • Q1703 (2015-11-11)
    Q. 「退却させ、バインドする」は「退却させた時」や「リアガードがドロップゾーンに置かれた時」の条件を満たしますか?
    A. はい、満たします。リアガードがドロップゾーンに置かれた後、バインドゾーンに置かれるからです。

収録情報

ブースターパック月煌竜牙G-BT05/014 RR イラスト/伊藤未生登る理由。 そこに敵がいるから。
G-BT05/S10 SP イラスト/伊藤未生(※なし)