《レインエレメンタル ティア/Rain Elemental, Tear》

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
クレイエレメンタル - エレメンタル パワー6000 / シールド5000 / ☆1
【自】:[【ソウルブラスト】(2)] このユニットが(R)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、あなたのGゾーンの表の《クレイエレメンタル》1枚につき、あなたのダメージゾーンから1枚選び、表にする。
【永】:このカードはすべての、国家とクランに属する。

 風華天翔で収録されたグレード1のクレイエレメンタル

 リアガードサークル登場した時に、ソウルブラスト(2)でGゾーンの表のクレイエレメンタル1枚につき、ダメージゾーンから1枚を表にする自動能力を持つ。

 Gゾーンに表のクレイエレメンタルが2枚以上あれば、誘発条件コストが共通しパワーが低い《アネモネの銃士 スザンナ》等より良い働きができる。
 ただ、表のクレイエレメンタルを用意した状態でこのカードノーマルコールできるのは通常は最速でも7ターン目以降と遅い。

 このカードを運用する場合、可能な限り早くクレイエレメンタルGユニット超越することが前提となる。
 固有のGユニットを備えるデッキでは、カードアドバンテージを稼ぐ能力を持たず、比較的後半向けのクレイエレメンタルGユニットを序盤で超越すること自体が損失になりかねず、早期に超越しておきたいGユニットが無いデッキでなければ扱いにくい面がある。

 利用するのであれば、単にクレイエレメンタルGユニット超越またはコールするだけでなく、《ヒートエレメント メランドル》のようにコスト効果Gゾーンの裏のクレイエレメンタルカードを表にできる能力を利用して、最低限2枚は表にできるようしておきたいところ。
 ただし、《スノーエレメント ブリーザ》コストで同時にカウンターブラスト(1)を使うことや、表にする枚数を増やすほどGデッキクレイエレメンタルで圧迫されることに繋がることに注意しておきたい。

 《ヒートエレメント メランドル》と同様のコストを含む《超宇宙勇機 エクスタイガー》《覇天皇竜 ボーテックス・デザイア》等によってクレイエレメンタル超越することなくクレイエレメンタルを表にできるデッキにおいても活用しやすいだろう。

 一応、《貪り喰うもの グレイプニル》等でソウルブラスト自体が利点になり、またそれ故にヴァンガードサークル以外の領域で利用できるカードソウルからドロップゾーン送りにする手段の選択肢が限られている【ジェネシス】などでは、効果の不安定さを抜きにした利用価値を見出すこともできる。

関連カード

ユニット設定

惑星クレイを構成する幾多の要素、エレメンタルのひとつ。
水の属性を宿す微細な魔力が、かろうじてエレメンタルとしての形を為した希薄な存在。
あまりに小さな魔力と姿から、「超越」という異常現象が起こってなお、高位の神族ですら稀に視認できる程度らしい。

つい最近、ようやく一つの種族として認められ、“オラクルシンクタンク”のデータベースに掲載されるも、
その後の発見報告が一切ない事から「幻のエレメンタル」として神族間で名前だけが有名に。
さらに神族から様々な種族に噂が広まり、今では「見た者に幸運を運ぶ幻のエレメンタル」と一躍話題となった。
エレメンタルの存在が広く認知された、極めて珍しい事例である。

エレメンタルは世界中に存在する。 ただ、普段は見えないだけで。
あなたのすぐ傍にも、彼らは確かにいるのだ。

FAQ

  • Q1155 (2015-02-19)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q1195 (2015-02-19)
    Q. 「このカードはすべての、国家とクランに属する。」は、どの領域でも有効なのですか?
    A. はい、有効です。

収録情報

ブースターパック風華天翔G-BT02/103 C イラスト/東雲ルリヲ空からやってくる、恵みの精霊。