《ラディエント・ドラゴン/Radiant Dragon》

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
かげろう - フレイムドラゴン パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】【Gブレイク】(1):[【カウンターブラスト】(1),【ソウルブラスト】(1)] このユニットが(R)に登場した時、あなたの「ドラゴニック・ブレードマスター」を含むヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、相手のグレード1以下のリアガードを1枚まで選び、退却させ、そのターン中、このユニットのパワー+2000し、『【永】【(R)】:あなたのヴァンガードが竜炎状態なら、相手の、ユニットのいない(R)1つにつき、このユニットのパワー+2000。』を得る。

 勇輝剣爛で収録されたグレード2のかげろう

 ジェネレーションブレイク(1)は、リアガードサークル登場した時に「ドラゴニック・ブレードマスター」のヴァンガードがいるなら、カウンターブラスト(1)とソウルブラスト(1)で、相手グレード1以下のリアガード1枚までを退却させ、パワー+2000と『ヴァンガード竜炎状態なら相手ユニットのいないリアガードサークル1つにつきパワー+2000を得る永続能力を持つ。

 使えるタイミングが遅く、汎用性が低い割りに単発効果退却できる対象は《バーサーク・ドラゴン》より狭いグレード1以下のリアガードのみだが、継続効果パワーを稼げる。

 継続効果で得られる永続能力では、ヴァンガード竜炎状態であることを要件として相手ユニットのいないリアガードサークル1つにつきパワー+2000を得られる。
 継続効果で得たパワー+2000と単発効果退却を行ったことで出来る相手ユニットのいないリアガードサークル1つ分の効果を合わせれば、少なくともパワー13000には到達できる。
 さらに《覇天皇竜 ドラゴニック・ブレードマスター“戴天”》等の相手リアガードを複数枚退却させる能力と組み合わせれば、パワー+10000を得ることもそこまで難しくは無いだろう。

 また、相手リアガード退却させられることを嫌ってリアガードを並べて来なかった際の反撃手段としても十分な活躍が見込める。

 ただし、このカード竜炎能力を持たないので、ヴァンガード竜炎状態にするための竜炎能力持ちのカードとの併用が前提となる。

関連カード

ユニット設定

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ

  • Q2156 (2016-05-26)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q2206 (2016-05-26)
    Q. 呪縛サークルは「カードのないリアガードサークル」「ユニットのいないリアガードサークル」に含まれますか?
    A. いいえ。呪縛サークルはリアガードサークルではないため、数に含まれません。
  • Q2207 (2016-05-26)
    Q. 竜炎能力を持つユニットは、ヴァンガードが竜炎状態になっていない時や、リアガードの枚数が相手より少ない状態でも「竜炎能力を持つユニット」ですか?
    A. はい。そうです。
  • Q2208 (2016-05-26)
    Q. このカードは竜炎能力を持つユニットですか?
    A. 「竜炎能力を得る」などであれば、能力を得た後は竜炎能力を持つユニットです。得る前であったり参照しているだけなら、竜炎能力そのものは持っていないため竜炎能力を持つユニットではありません。
  • Q2277 (2016-05-26)
    Q. [ ]の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[ ]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。

収録情報

ブースターパック勇輝剣爛G-BT07/033 R イラスト/近藤途轍竜の炎に手加減は望めない。