《メチャバトラー ガンシール/Extreme Battler, Gunseal》

トリガーユニット 【治】(ヒールトリガー) 〈0〉 (ブースト)
ノヴァグラップラー - バトロイド パワー4000 / シールド10000 / ☆1
【治】はデッキに4枚までしか入れることができない)
【自】:[【ソウルブラスト】(1)] Gゾーンから「メテオカイザー ガンドリード」をコールするコストで、このカードを手札から捨てた時、あなたのダメージゾーンに表のカードが1枚以下なら、コストを払ってよい。払ったら、【カウンターチャージ】(1)。

 ファイターズコレクション2017で収録されたノヴァグラップラーヒールトリガー

 基本的な使い方や特徴については、《黒衣の新薬 エレレート》を参照。

 《黒衣の新薬 エレレート》とは《根治の守護天使 ラビエル》と同じ能力を持つ《アラゴ・ブラウエナギー》との兼ね合いも含めて似ているが、こちらの誘発条件に対応する《メテオカイザー ガンドリード》は与える能力によって不確定ながらカウンターチャージが行えることでシナジーが薄めである他、その他のノヴァグラップラーGユニットの中にもカウンターチャージ(2)しつつシールドを増やせる《メテオカイザー ユニオール》が存在している関係で活かせる場面が少々限定されやすい。
 このカードの特有の利点を活かすなら、ドロップゾーンヒールトリガーGゾーンの表のカードがなく、ダメージゾーンの表のカードが1枚という、それが機能しない状況で使える点に価値を見出したいところ。

関連カード

ユニット設定

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ

  • Q4078 (2018-10-05)
    Q. “あなたのダメージゾーンに表のカードが1枚以下なら”という要件は、このカードが捨てられた時点でのダメージゾーンを参照するのですか?
    A. いいえ、自動能力を解決する際のダメージゾーンを参照します。能力の要件(「~なら」等)が参照されるタイミングは、その自動能力を、「解決」する時です。例:ダメージゾーンに表のカードが2枚の時、「天霊薬の解放者」を手札から捨てて、「癒しの真・解放者 エルリーゼ」をコール この時、「天霊薬の解放者」の自動能力と、「癒しの真・解放者 エルリーゼ」の自動能力が同時に発動していて、好きな方から解決することができます。先に「癒しの真・解放者 エルリーゼ」の自動能力を解決させ、カウンターブラスト1を払いました。その後、「天霊薬の解放者」の自動能力を解決させます。この時点で、ダメージゾーンの表のカードは1枚になっているので、コストを払い、「天霊薬の解放者」の自動能力を解決させることができます。

収録情報

スペシャル/コレクションファイターズコレクション2017G-FC04/060 RR イラスト/ToMoこの盾がなければ致命傷だったぜ……。