《ブートキャンプ・キムリック/Bootcamp Cymric》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
グレートネイチャー - ハイビースト パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】:このユニットが(R)に登場した時、あなたの「特別名誉博士」を含むヴァンガードがいるなら、そのターン中、このユニットのパワー+4000してよい。そうしたら、そのターンの終了時、このユニットを退却させる。
【自】【ドロップゾーン】:[【カウンターブラスト】(1)] あなたの「特別名誉博士」を含むユニットがグレード3のユニットからライドして(V)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、このカードを手札に戻す。

 The AWAKENING ZOOで収録されたグレード2のグレートネイチャー

 1つ目の能力は、リアガードサークル登場した時に「特別名誉博士」のヴァンガードがいるなら、パワー+4000を得ることができ、そうしたら、そのターンの終了時に自身を退却させる自動能力

 「特別名誉博士」のヴァンガードがいるならという要件付きであるものの、登場した時にコストなしで単体パワー13000となれる。
 適当な他のカード効果パワー+4000を与えるだけでもシールド10000要求の単体パワー17000を狙えるが、《特別名誉博士 シャソバージュ》効果によって超越した《永世教授 ブラマナンダ》《全智竜 キャスパリーグ》と組み合わせると《特別名誉博士 シャノアール》効果で与えられた能力と合わせてシールド15000要求の単体パワー21000を狙うことが可能になる。

 ターンの終了時に自身を退却させる時限誘発を作成する点についても、5ターンでも《トリーテス・パンサー》《アドラブル・バリニーズ》等を併用するならさほど気にならず、逆に《特別名誉助手 みけさぶろー》で与えた能力誘発を狙う上ではその起点として役立てられる。

 2つ目の能力は、「特別名誉博士」のユニットグレード3のユニットライドしてヴァンガードサークル登場した時にカウンターブラスト(1)することで、自身を手札に戻す自動能力

 コストカウンターブラスト(1)を行う必要があるのは気になるところであるが、ドロップゾーンから手札に戻すことによってアドバンテージを稼げる。
 誘発条件が少々限定的とはいえ即効性のある手札の補充手段であり、《超特別名誉博士 メイユール・シャノアール》を起点に超越した《永世教授 ブラマナンダ》能力効果手札からコールするカードの工面の補助に繫がる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q2453 (2017-12-08)
    Q. 「~そのターンの終了時、そのユニットを退却させる。」効果を得たり与えられたりしたユニットが、他の効果でリアガードサークル以外の場所に置かれました。そのカードはどうなりますか?
    A. 何も起きません。カードがフィールド以外の場所に移動した場合、そのカードは別のカードとして扱われます。
  • Q3624 (2017-12-08)
    Q. 「~そのターンの終了時、そのユニットを退却させる。」効果を得たり与えられたりしたユニットが、他の効果でリアガードサークル以外の場所に置かれました。そのカードはどうなりますか?
    A. 何も起きません。カードがフィールド以外の場所に移動した場合、そのカードは別のカードとして扱われます。

収録情報 節を編集

エクストラブースターThe AWAKENING ZOOG-EB02/033 R イラスト/にもし理論的には、これで元の体重に戻るはずなんだよ!