《ブラスター・ブレード・バースト》

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
ロイヤルパラディン - ヒューマン パワー10000 / シールドなし / ☆1
【永】【(V)】:あなたのユニットはこのユニットを【ブースト】できない。
【自】【(V)】:[【カウンターブラスト】(2) - 《ロイヤルパラディン》] このユニットがヴァンガードにアタックした時、コストを払ってよい。払ったら、そのバトル中、このユニットのパワーを増やす。増やす数値は、あなたの前列の《ロイヤルパラディン》のリアガードの元々のパワーの合計である。
【自】【(V)】:このユニットがヴァンガードにアタックした時、そのバトル中、このユニットのパワー+3000。

 「0オリジナル構築済みロイヤルパラディンデッキ」で収録されたグレード3のロイヤルパラディン

 自身の能力により、容易にパワー30000以上に達することができる。

 左列右列前列元々のパワー9000以上のロイヤルパラディンリアガードを2枚用意しヴァンガードアタックすれば単体でパワー31000以上、《てっくがる》《まぁるがる》等を併用すればさらにパワーを増やすことができる。

 中央列後列には《画策の賢者 メール》《湖の巫女 リアン》等を置いておけば有効活用できるが、《騎士王 アルフレッド》と異なりリアガードサークルを埋める必要はないため、無理に置かなくてもいいだろう。

 同じくブーストできない《騎士王 アルフレッド》と違い、爆発力がある反面普段のパワーが稼ぎにくい。
 コストの関係で2〜3回程度しか使えないので、詰めの局面までは温存せざるを得ず、単体パワー13000ではシールド10000で安全に対処されてしまうので、継続的なプレッシャーを与えにくい。

 「短期的な単体の高パワー」という性質から守護者等の強力なガーディアンの存在が大きな障害となり、主軸として運用するには今一つ扱いにくい感はある。

 「ブラスター」のカードであるので《ういんがる・ぶれいぶ》手札に加える事ができ、【ロイヤルパラディン】《ういんがる・ぶれいぶ》を採用する場合のライド事故回避要員としても選択肢に入り得る。

 ただし、このカードヴァンガードサークル上で《ういんがる・ぶれいぶ》ブーストを受けられない点は留意しておく必要がある。

関連カード

ユニット設定

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ

該当するQ&Aはありません

収録情報

付属デッキ「0オリジナル構築済みロイヤルパラディンデッキ」VZ/001 イラスト/伊藤彰成長し、変化を続けるものだけが知る世界がある!
閃け、バースト・ブレード!