《ブラスター・ダーク》(Vシリーズ)

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
シャドウパラディン - ヒューマン パワー10000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(V)/(R)】:登場時、【コスト】[【カウンターブラスト】(1)] することで、相手は自分のリアガードを1枚選び、退却させる。
【起】【(V)】【ターン1回】:相手のリアガードがいないなら、【コスト】[手札を1枚捨てる]ことで、そのターン中、このユニットのドライブ+1。

 雀ヶ森レンで収録されたグレード2のシャドウパラディン

 1つ目の能力は、ヴァンガードサークルリアガードサークル登場した時に、カウンターブラスト(1)で相手リアガード1枚を退却させる自動能力

 使い切りの能力であり、目標を選択するのは相手であるが、低コスト相手リアガードを1枚退却させることができる。

 2つ目の能力は、1ターンに1回、相手リアガードがいないなら、手札を1枚ドロップすることで、ドライブ+1を得る起動能力

 ヴァンガードサークル限定の能力だが、1:1交換の効率でドライブ+1を得られる。
 直接のアドバンテージにはならないとはいえドライブチェックの回数が1回増えることによってトリガー効果を獲得できる可能性が増すことに加えて、単純に疑似的な1:1交換のドロー手段として優秀であるため、手札に不要なカードがある場合や欲しいカードが引けてない場合等では積極的に利用したい。
 要件となる相手リアガードがいない状況も直前の2~3ターン目では相手リアガードを展開していない場合も十分考えられ、1枚までなら自動能力で自力で処理することができるため満たすこと自体は比較的容易である。
 逆に相手としてはこの能力を使わせないためには2~3ターン目の時点でリアガードを2枚以上並べる必要があるため、このカードの存在を匂わせておくだけでも速攻狙いでないデッキに対して余分なコールを強要できるという効力もある。

 ただし、どちらの能力相手リアガードの中に《プロミス・ドーター》(Vシリーズ)のような効果退却しない能力を持つユニットが含まれているだけで防がれ、リアガード《ぎろ》(Vシリーズ)のように相手カード効果目標にならないユニットのみで固められても防がれるので、それを有する【オラクルシンクタンク】等を相手にする場合は注意が必要である。

 プレミアムスタンダードにおいては、ノーマルコールするだけで手軽に使える抵コスト退却手段であることから《暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”》と相性が良く、相手リアガードを1枚以下に減らして手札からのコールの放棄を要求する有用な補助手段の1つになる。

 また、【マジェスティ・ロードブラスター】では、《マジェスティ・ロードブラスター》自動能力コスト及び永続能力要件に対応する重要なキーカードとなる。
 必然的に《ブラスター・ブレード》(Vシリーズ)退却手段としての役割が競合が発生することになるが、こちらは目標こそ相手に選ばせるものの、コストの軽さの面と相手前列リアガードがいない場合でも機能するという点で優れる。

関連カード

ユニット設定

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ

  • Q4226 (2018-08-10)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q4227 (2018-08-10)
    Q. 【ターン1回】の能力を持っているユニットが複数枚いる場合、どれか1つしか使えないのですか?
    A. いいえ、使えます。【ターン1回】の能力は、カードごとにそれぞれ各ターンに1回使うことができます。
  • Q4228 (2018-08-10)
    Q. 【ターン1回】のアイコンを持っていないほうの能力を使った場合、【ターン1回】の能力は使えますか?
    A. はい、使えます。

収録情報

トライアルデッキ雀ヶ森 レンV-TD04/005 イラスト/伊藤彰それは覚悟という名の漆黒の剣。
轟け、ブラスター・ダーク!
V-TD04/006  デザイン:伊藤彰 イラスト:lack揺るがぬ覚悟が、光をも超える影を生み出す。
轟け、ブラスター・ダーク!
ブースターパック最強!チームAL4V-BT02/I01 IMR イラスト/伊藤彰(※なし)