《フェイバリットチャンプ ビクトール/Favorite Champ, Victor》

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
ノヴァグラップラー - バトロイド パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】【(V)】【Gブレイク】(2):[【カウンターブラスト】(2),あなたの手札から1枚選び、捨てる] このユニットがアタックしたバトルの終了時、コストを払ってよい。払ったら、あなたのリアガードをGゾーンの表のカードと同じ枚数まで選び、【スタンド】する。3枚以上【スタンド】したら、あなたの手札から3枚選び、捨ててよい。3枚捨てたら、【カウンターチャージ】(1)し、このユニットを【スタンド】し、そのターン中、ドライブ-2。

 剣牙激闘で収録されたノヴァグラップラーGユニット

 アタックしたバトルの終了時にカウンターブラスト(2)と手札1枚のドロップで、リアガードGゾーンの表のカードと同じ枚数までスタンドし、3枚以上スタンドしたら、手札から3枚をドロップでき、3枚ドロップしたら、カウンターチャージ(1)し、自身をスタンドし、ドライブ-2を得るジェネレーションブレイク(2)の自動能力を持つ。

 Gゾーンに表のGユニットが1枚以上置かれていれば利用できるものの、効果スタンドすることができる枚数はGゾーンの表のカードの枚数に依存することになる。

 1~2枚分の効果では《メテオカイザー ビクトール》《メテオカイザー バスタード》の方が効率が良いので、それらをより多くのユニットスタンドすることができる3枚分以上の追加効果狙える状態で利用するようにしたい。

 3枚以上スタンドした場合の追加効果は、手札から3枚をドロップすることで、カウンターチャージ(1)し、自身をスタンドしてドライブ-2を得るというもの。

 コストと合わせて4:1交換のスタンド《メテオカイザー バスタード》《メテオカイザー ビクトプラズマ》等よりも重い3枚分のディスアドバンテージとなるが、スタンドした後にもこの能力を再利用できるので、残りの手札の枚数次第では、更なるリアガードスタンドも狙うことができる。
 Gゾーンの表のカードの枚数を稼いでおくことで1回のスタンドで高パワーを得られる《マジカル・パフォーマー》《メチャバトラー ガンズドン》等とは性質が合致するので、そちらを利用していれば要求シールド値を大きく高められる。
 一応、必要なリアガードは3枚いれば足りるので、2回目のスタンドを狙いたいが手札が足りないという場合には、1回目のスタンドの際に《スパート・ケンタウロス》《メチャバトラー ビクトヘッド》《メチャバトラー カチワール》等のブースト役のリアガード手札に変換する能力を利用することも考慮しておきたい。

 リソースを確保できるなら3回以上の利用も可能であるが、2回目のスタンド後はドライブチェックが行えないため、純粋に4枚分のディスアドバンテージを負うことになる。

 いずれにせよ複数回の利用を狙う場合は、次のターンを凌ぐ程の余力はまず無くなるので、《ウイニングチャンプ ビクトール》《メテオカイザー ガンドリード》等を超越またはコールしてそちらのコストも利用してGゾーンの表のカードを十分に稼いでおくだけでなく、《メテオカイザー ユニオール》《スターライト・ヘッジホッグ》等を利用して十分なリソースを蓄え、万全の状態を整えてからより確実なフィニッシュに持ち込むように心がけたい。

関連カード

ユニット設定

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ

  • Q3034 (2017-02-02)
    Q. []の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。
  • Q3035 (2017-02-02)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q3040 (2017-02-02)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q3041 (2017-02-02)
    Q. Gユニットが持つ【ジェネレーションブレイク】は、自分自身も表のカードの枚数に数えてよいのですか?
    A. はい、ヴァンガードサークルにいるGユニットも【ジェネレーションブレイク】の条件として数えられます。例えば【ジェネレーションブレイク】(3)であれば、Gゾーンの表のカード2枚に加え、ヴァンガードサークルに(表の)Gユニットがいれば合計3枚なので【ジェネレーションブレイク】(3)は満たしています。
  • Q3084 (2017-02-02)
    Q. 「○枚につき、×枚選ぶ」という効果で、同一のカードを複数回選ぶことはできますか?
    A. いいえ、できません。
  • Q3133 (2017-02-02)
    Q. この能力はコストを払えるなら何度でもヴァンガードがスタンドできますか?
    A. はい、できます。
  • Q3134 (2017-02-02)
    Q. この能力を2回使った際、ドライブがマイナスになった時、どのように処理されますか?
    A. ドライブチェックの回数が0となります。

収録情報

ブースターパック剣牙激闘G-BT10/002 GR イラスト/田所哲平燃え盛る俺様の闘魂、余すことなくぶつけてやるぜ!
G-BT10/002 SGR イラスト/田所哲平燃えろ!
超絶爆熱闘法
闘魂無限斬!!