《フェイク・ボンバー/Fake Bomber》 節を編集

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
スパイクブラザーズ - オーガ パワー7000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(R)】:突撃(効果で(R)に登場したターン中、突撃状態にしてよい。そうしたら、参加したバトル終了時に山札の下に置く)
【永】【(R)】:このユニットが突撃状態なら、このユニットのパワー+5000し、【自】(R)【Gブレイク】(1):[【ソウルブラスト】(2)] このユニットがブーストした時、あなたの「ライジング」を含むヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、あなたの手札から1枚選び、ユニットのいない(R)にコールし、【カウンターチャージ】(1)。』を得る。

 究極超越で収録されたグレード1のスパイクブラザーズ

 2つ目の能力は、自身が突撃状態なら、パワー+5000と『ブーストした時に「ライジング』のヴァンガードがいるなら、ソウルブラスト(2)することで、手札から1枚をユニットのいないリアガードサークルコールし、カウンターチャージ(1)するジェネレーションブレイク(1)の自動能力』を得る自動能力

 突撃状態となるだけでもコストなしで単体パワー12000、ジェネレーションブレイク(1)が有効化している場合には、ブーストした時に「ライジング」のヴァンガードがいるなら手札からの後続のスペリオルコールカウンターチャージ(1)によるリソース補充が行える。

 手札の消費が嵩む点には注意が必要となるが、コストソウルを増やしながらスペリオルコールが行える《巨星 ライジング・グレイトスター》《レーザー・ブラッガード》《メカ・インストラクター》との相性がよく、それらのコストで増えたソウルを利用して手札からも《巨星 ライジング・グレイトスター》《レーザー・ブラッガード》スペリオルコールしつつ、カウンターチャージ(1)によるリソースの補充が行えるので、疑似スタンド狙いのスペリオルコールが行える回数を増やせるようになる。
 その他にも、《黒角王 ブルパワー・アグリアス》との組み合わせるとこのカードブーストによるパワーの付与を見送ることになるが、こちらの能力を利用してから他の縦列後列スペリオルコールし直しせるので、そちらで高パワーブースト能力の再利用を狙ったり、あえて突撃状態にせずにターンの終了時に《巨星 ライジング・グレイトスター》効果ソウルに置いてドローによる手札補充するといった動きが狙える。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q2413 (2017-11-17)
    Q. 突撃状態のユニットが、参加したバトル中に手札等に移動した場合、そのカードはバトル終了時に山札の下に置かれますか?
    A. いいえ、置かれません。
  • Q2414 (2017-11-17)
    Q. カードの効果であれば、手札からのコールでも突撃状態にできますか?
    A. はい、できます。それがカードの効果によるものであれば、どの領域からコールされても突撃状態にできます。
  • Q2415 (2017-11-17)
    Q. なんらかの効果で相手のターン中に突撃状態になった場合、アタックされたバトルの終了時に、突撃状態にユニットが【リアガードサークル】にいるなら山札の下に置かれますか?
    A. はい、置かれます。アタックされたバトルも、参加したバトルに含まれます。
  • Q3584 (2017-11-17)
    Q. 突撃状態のユニットが、参加したバトル中に手札等に移動した場合、そのカードはバトル終了時に山札の下に置かれますか?
    A. いいえ、置かれません。
  • Q3585 (2017-11-17)
    Q. カードの効果であれば、手札からのコールでも突撃状態にできますか?
    A. はい、できます。それがカードの効果によるものであれば、どの領域からコールされても突撃状態にできます。
  • Q3586 (2017-11-17)
    Q. なんらかの効果で相手のターン中に突撃状態になった場合、アタックされたバトルの終了時に、突撃状態にユニットが【リアガードサークル】にいるなら山札の下に置かれますか?
    A. はい、置かれます。アタックされたバトルも、参加したバトルに含まれます。

収録情報 節を編集

ブースターパック究極超越G-BT13/096 C イラスト/茶壱ボールが爆発するのは、もはや常識になりつつある。