《ファントム・ブラスター・ドラゴン》(フォース)

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!) (フォース)
シャドウパラディン - アビスドラゴン パワー13000 / シールドなし / ☆1
【起】【(V)】:【コスト】[【カウンターブラスト】(1)],リアガードを3枚選び、退却させる]ことで、相手は自分のリアガードを3体選んで退却させる。その後、そのターン中、このユニットのパワー+15000/クリティカル+1。
【起】【(V)】:【ターン1回】相手の、ダメージゾーンが4枚以下でリアガードが0枚なら【コスト】[グレード3を【ソウルブラスト】(1)]することで、相手のヴァンガードに1ダメージ。

 最強!チームAL4で収録されるグレード3のシャドウパラディン

 前半の能力では、3:3交換の効率で相手目標を選ぶ形で相手リアガード退却させ、自身のパワークリティカルの増加を行える。
 ディスアドバンテージは大きいが、相手リアガードを一気に処理できるので、アドバンテージを得づらいデッキリアガードとの連携を必須とするデッキに対しては有効といえる。
 【シャドウパラディン】は、退却のリソースに適したスペリオルコール手段や優秀なアドバンテージ要員が多いので、リソースの確保は容易く、ディスアドバンテージもある程度は軽減できる。

 後半の継続効果では高パワーに加えて、クリティカルも得られるので要求シールド値とガード強要力を高められるが、特性上、守護者があれば手札2枚の消費で楽に対処されてしまう。
 特に獲得したプロテクトによって疑似カード「プロテクト」の作成することを得意とするデッキには、効力を発揮できなくなることも考慮しておきたい。

 後半の能力では再ライドが前提となるが、相手リアガードを0枚にしておくことで相手ヴァンガードに1ダメージを与えることができる。

 前半の能力等で相手リアガードを0枚にして利用を狙うことになるが、相手リアガードの中に《プロミス・ドーター》(Vシリーズ)のような効果退却しない能力を持つユニットが含まれているだけで防がれ、リアガード《ぎろ》(Vシリーズ)のように相手カード効果目標にならないユニットのみで固められても防がれるので、それを有する【オラクルシンクタンク】等を相手にする場合は注意が必要である。

 プレミアムスタンダードでは、《真黒の賢者 カロン》等の退却コストを軽減する手段が利用可能となり、それによって前半の能力コストの負担を減らせるようになる。
 《真黒の賢者 カロン》の他にも利用可能な「ブラスター」関連のサポートの種類が増えるので、それらによる様々な恩恵を受けられる。

 後半の能力についても、《ナイトメア・ペインター》能力手札からグレード3のシャドウパラディンソウルに置くことができるので、直接再ライドしなくてもコストを払う事ができる。
 早期に利用できる反面、ディスアドバンテージが増えることに代わりなく、追加のフォースも獲得しづらくなる欠点もあるので注意しておきたい。

  • シリアルナンバー入り特別仕様の《ファントム・ブラスター・ドラゴン》がBT04/S01版のイラストで超まれに封入。生産総数は999枚。

関連カード

FAQ

該当するQ&Aはありません

収録情報

ブースターパック最強!チームAL4V-BT02/001 VR デザイン:伊藤彰 イラスト:三好載克深きに沈め!ダムド・チャージング・ランス!
V-BT02/SV01 SVR(シリアルナンバー入り) イラスト/伊藤彰なし
V-BT02/SV01 SVR デザイン:伊藤彰 イラスト三好載克なし