《バトルシスター ぱんなこった/Battle Sister, Pannacotta》

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
オラクルシンクタンク - エルフ パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(V)/(R)】:[あなたの手札から「バトルシスター」を含むカードを1枚選び、捨てる] このユニットがヴァンガードにアタックした時、コストを払ってよい。払ったら、そのバトル中、このユニットのパワー+5000し、【自】(V)/(R)】:[【カウンターブラスト】(1)] このユニットのアタックがヒットした時、コストを払ってよい。払ったら、2枚引き、あなたの手札から1枚選び、捨てる。』を得る。

 2015年11月度ショップファイト参加賞で配布されたグレード2のオラクルシンクタンク

 ヴァンガードアタックした時に手札の「バトルシスター」1枚のドロップで、パワー+5000と『アタックヒットした時にカウンターブラスト(1)で2枚ドローし、手札から1枚をドロップする自動能力』を得る自動能力を持つ。

 《プロミス・ドーター》と似ているが、手札コストオラクルシンクタンクから「バトルシスター」のカードとなった代わりにヒットすればコストも含めて2:2交換で手札を再補充できる。

 とはいえ、ヒットしなければディスアドバンテージを負い、ヒットしたところでカウンターブラストの消費も考えるとコストには見合わないだろう。
 同等以上のパワーを容易に出せるグレード2は多いので、運用するのであれば、「バトルシスター」かつパワー+5000できることに利点を見出だしたい。

関連カード

ユニット設定

戦闘教団に所属する生え抜きのエージェント、「バトルシスターズ」のメンバー。昨今、教団一の問題児と揶揄される「まどれーぬ」の数少ない友人。常人よりも筋繊維密度が高い特異体質であり、戦槌と打ち合っても折れない肉厚の大剣を軽々と振るう。何もないところで躓いたり、頻繁に壁にぶつかったり、間の抜けた印象を受けるが、彼女と1度でも仕事をすれば、そのイメージは瞬く間に覆るだろう。高い身体能力を持つ反面、生まれつき魔力の総量が少なく、体内の魔力を触媒とする兵装を一切扱えない。加えて、驚くほど不器用であり、銃などの機構が複雑な武器を使用することもできない……どころか、整備中に力を入れ過ぎて壊してしまう始末である。公私問わずどんな時も笑顔でいるように見えるが、親しい友人に言わせれば「本当に怒っている時は、目が笑っていないわ」らしい。

◆あるシスターに拾われた「こんぽーと」の手帳
ぱんなこった:がんこなヤツ。力まかせすぎ。最近はちょっとマシかも。

FAQ

  • Q2965 (2017-01-12)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。

収録情報

PRカード2015年11月度ショップファイト参加賞PR/0360 イラスト/喜久屋めがねふふふ。じゃあ、覚悟してくださいねぇ〜。
キャラクターブースター俺達!!!トリニティドラゴンG-CHB02/044 C イラスト/喜久屋めがね振り被ってから謝られても、もう遅いんですよぉ~。