《ノーライフキング デスアンカー/No Life King, Death Anchor》

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
ダークイレギュラーズ - ゴースト パワー10000 / シールドなし / ☆1
【永】【(V)】:あなたのソウルの《ダークイレギュラーズ》が8枚以上なら、このユニットのパワー+1000。
【自】【(V)】:あなたのメインフェイズ開始時、【ソウルチャージ】(1)し、そのターン中、このユニットのパワー+2000。
【自】【(V)】:[あなたのダメージゾーンから表向きの《ダークイレギュラーズ》を5枚選び、ソウルに置く] このユニットがアタックした時、コストを払ってよい。払ったら、そのターン中、このユニットのパワー+10000/クリティカル+1し、そのターンのエンドフェイズ開始時、あなたの山札の上から5枚をダメージゾーンに置く。

 「カードファイト!! ヴァンガード」コミック第3巻に付属したグレード3のダークイレギュラーズ

 《双翅の王 ベルゼバブ》と同じ要件で限定的にパワー11000になるが、ソウルチャージを内蔵しているので達成は格段に容易。
 満たした後、メインフェイズ開始時の能力で単独でパワー13000になるので、パワー21000ラインはもちろん《デビルチャイルド》ブーストパワー23000ラインに到達できるのも見所。

 3つ目の自動能力は、アタックした時にダメージゾーンから表のダークイレギュラーズ5枚をソウルに置くことで、パワー+10000/クリティカル+1を得る、というあらゆる面で凄まじい能力

 実質何の損失もなく《ファントム・ブラスター・ドラゴン》並のパワークリティカルを得られることになるが、表のダークイレギュラーズでなければならないので、カウンターブラストを封じなければならない。
 また、バトルフェイズ中なので《ドリーン・ザ・スラスター》とのコンボは成立しない。

 加えて、ドライブチェックでのヒールトリガーによる回復が必ず不発してしまう。
 相手ダメージチェックでは相手ダメージゾーンカードの枚数に関わらず回復が成功するようになってしまう。
 運に大きく左右されるものの、起こってしまうとかなりの痛手になる。

 エンドフェイズには時限誘発によってダメージゾーンの枚数が元に戻る。
 補充は山札から行われるので、ソウルを5枚増やす効果としても機能するが、山札が5枚減ることになる。
 ダメージゾーンが5枚の状態である必要であることに加え、元々ソウルチャージによって山札が減りやすいのでフィニッシュを決め損ねた場合のリスクは大きい。
 次のターンを凌いだとしてもデッキアウトの危険は極めて大きく、使用は良くて2回程度が限界だろう。

 強力だが使いやすいとは言い難く、現在では同じくパワークリティカルを得られるヴァンガードとして安定性の高い《魔神侯爵 アモン “Я”》が存在するため、この能力だけでは見劣りする部分が大きい。
 メインフェイズ開始時のソウルチャージ能力を持つ点や、ソウル枚数に依存せずパワーを上昇させられる点、呪縛コストが不要なため全ての列のパワーラインを低下させずに済む点などを活用し、差別化していくことになるだろう。
 1ターン中にソウルを5枚増やせるという点では《仮面の王 ダンタリアン》ブレイクライドとも相性が良い。

 なお、このカードアタックする前まではダメージゾーンカードが残っているので、先にリアガードサークルにいる《デーモンイーター》アタックして両方のガードを迫るといったことも可能。
 詰めの局面ならこのカード能力を諦めて《シュティル・ヴァンピーア》を使うのも有効だろう。

関連カード

ユニット設定

生きとし生ける者全てを憎む幽世の亡霊王。
死を運び行使する死者の主とされているが、その正体は数え切れない程の思念が寄り集まった絶望の集合体である。
憎悪と悲哀に彩られた多くの非力な魂は、互いに同調し合うことで融合し、「デスアンカー」という死の象徴を作り上げた。
宿った感情は怒りと憎しみのみ――死の瘴気「ブレイクダウン・デスブレース」は悠然と、だが確実に現世の命を削っている。

FAQ

該当するQ&Aはありません

収録情報

PRカード「カードファイト!! ヴァンガード」コミック第3巻PR/0054 イラスト/伊藤彰汝の死を飾ってやろう! ブレイクダウン・デスブレース!
PRカードブースターパック第10弾「騎士王凱旋」BOX特典