《ナース・オブ・ブロークンハート/Nurse of Broken Heart》

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
エンジェルフェザー - エンジェル パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(R)】【Gブレイク】(1)(あなたの(V)かGゾーンに表のGユニットが1枚以上で有効):あなたのカードがダメージゾーンに置かれた時、あなたのヴァンガードを1枚選び、そのターン中、そのユニットとこのユニットのパワー+2000。

 討神魂撃で収録されたグレード2のエンジェルフェザー

 ジェネレーションブレイク(1)は、ダメージゾーンカードが置かれた時にヴァンガード1枚と自身にパワー+2000を与える自動能力

 《ミリオンレイ・ペガサス》と比べるとリアガードサークルでのみ有効となり、使えるタイミングも6ターン目以降となっているため3〜5ターン目での攻防の補強には使えないことで劣る。
 要件がない事に加えて自身とヴァンガード1枚の計2枚にパワーを与えることができるのでジェネレーションブレイク(1)が有効となった後の性能では優る。

 特に相手ターン中に誘発させてヴァンガードパワーを与えることで、ただヴァンガードに1ダメージが与えられただけでもクロスライドど同等の守備力を発揮できるのは大きな強み。
 複数回誘発させることができれば、その回数に応じて強化することができる。

 《聖霊熾天使 ラジエル》能力と相性が良く、最大でパワー+10000の増加量を叩き出すことができる。
 《聖霊熾天使 ラジエル》もこのカードと同様にガード強要性はないが、終盤に使えば詰めに大きく貢献できるだろう。

 《黒衣の戦慄 ガウリール》《看護師長 シャムシャエル》能力と組み合わせれば、ダメージゾーンカードが置かれる度にそれぞれにパワー+4000~6000を与えられる点は魅力的である。
 《恋の守護者 ノキエル》もコンボに組み合わせることで、《恋の守護者 ノキエル》1枚辺りのパワー上昇量を倍化させることが出来る。
 《愛の狙撃手 ノキエル》であれば、ダメージゾーンに「ノキエル」のカードが置かれた回数次第では桁外れの防御力を発揮できる。

 【エンジェルフェザー】において攻防共に非常に優秀な能力を持つ事から相手も積極的に退却させてくることが考えられる。
 特に防御メインで用いる場合、後列に置いておくことでパワーラインを犠牲にしてでもバトルによる退却から守るという手も十分ある。

 ただし、【守護天使】の場合は《直射の守護天使 メルエヤル》もいるので、そちらと比較した上で採用を決めるようにしたい。

  • 「ストライドゲート編」、「カードファイト!! ヴァンガードG NEXT」でも引き続き使用している。

関連カード

ユニット設定

黒衣に身を包む“エンジェルフェザー”の特殊部隊《黒衣の葬天使(ブラック・グレイバー)》の隊員。
元は電気ショックと神聖魔法を組み合わせ、危機的状態にある患者の蘇生を試みる看護師であった。
《黒衣の葬天使》における戦闘訓練ではこの技術を応用し、相手の心臓にショックを与えて仮死状態にし、無力化する戦闘術も習得した。

しかし今、クラレットソード・ドラゴンの策略によって患者を施設ごと人質に取られ、部隊は身動きが取れない状況にある。
動くに動けない状況が続き、苦しみの中にいる人達の事を思うたび、彼女の心は傷ついていく。
これまで幾つもの命を救ってきた彼女の腕をもってしても……その心の傷は癒すことはできないのだ。

FAQ

  • Q1500 (2015-08-27)
    Q. 「ダメージゾーンにカードが置かれた時」の能力と「ヒットした時」の能力はどちらが先に誘発し、解決されるのですか?
    A. 「ダメージゾーンにカードが置かれた時」の能力です。「ヒットした時」の能力は、ダメージとダメージチェック、およびそれに伴う能力を解決した後に誘発し解決されます。

収録情報

ブースターパック討神魂撃G-BT04/051 C イラスト/萩谷薫ハートの痛み、忘れさせてあげる。