《ソウルセイバー・ドラゴン》(フォース)

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!) (フォース)
ロイヤルパラディン - コスモドラゴン パワー13000 / シールドなし / ☆1
【起】【(V)】:【コスト】[【ソウルブラスト】(5)]することで、そのターン中、あなたのユニット6枚のパワー+15000。
【自】【(V)】:アタックした時、【ソウルチャージ】(1)してよい。

 結成!チームQ4で収録されるグレード3のロイヤルパラディン

 ソウルブラスト(5)することで、ユニット6枚にパワー+15000を与える起動能力アタックした時にソウルチャージできる自動能力を持つ。

 フィールドユニットを6枚揃えた状態で起動能力プレイすることで、各縦列に合計パワー+30000を与えられ、このカードライドした際に獲得できるフォースも加味すれば、いずれかの縦列1つにさらにパワー+10000を上乗せできる。
 フォース1つとこの能力1回のプレイで最大で相手に合計シールド100000の追加消費を強いられ、然るべきタイミングで使えば高いフィニッシュ力を発揮することができる。

 ただし、コストで要求されるソウル5枚を揃えるには、ファーストヴァンガード《ぐらいむ》(Vシリーズ)を加味しても、自身の自動能力で行えるソウルチャージ等のソウルを増やせる能力や再ライドを駆使して別途2枚以上増やす必要がある。
 ソウルの増加が狙えるカードの中でも、《ぽーんがる》(Vシリーズ)《ハイドッグブリーダー アカネ》(Vシリーズ)山札からスペリオルコール可能なので上手く活用したい。
 【ロイヤルパラディン】は、《ブラスター・ブレード》(Vシリーズ)《ミスリルの召喚術士》(Vシリーズ)といった少量ながらコストソウルブラストを要求するカードが存在しているので、少し多目にソウルは確保しておくようにしたい。

 2つ目の能力起動能力のリソース確保として利用できるが、誘発タイミングの都合からタイムラグが発生するため即効性に欠け、奇襲性も損なってしまうという欠点があることに留意しておきたい。

 プレミアムスタンダードにおいては、利用を狙うための下準備を整えられる相性の良い様々なカードとの併用することができる。

 《ぽーんがる》起動能力ソウル1枚とこのカードの確保を1:1交換の効率で同時に行える。
 ただし、前述の《ぽーんがる》(Vシリーズ)と合わせてメインデッキに4枚までしか入れるできないので注意したい。

 また、《ばーくがる》《未来の騎士 リュー》とのコンボで《ブラスター・ブレード》(Vシリーズ)スペリオルライドしておけば、リアガードは減るものの、5〜6ターン目でこのカードライドした段階でソウル5枚の確保を狙える。

関連カード

ユニット設定

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ

該当するQ&Aはありません

収録情報

ブースターパック結成!チームQ4V-BT01/005 RRR デザイン:伊藤彰 イラスト:あおじ魂の解放は、勇者に揺るぎない勝利を約束する。