《スノーエレメント バランチャー/Snow Element, Valancher》

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
クレイエレメンタル - エレメンタル パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【起】【(V)】【ターン1回】:[【カウンターブラスト】(1)] あなたのパワー10000以下のハーツカードがあるなら、1枚引き、そのターン中、このユニットのパワー+5000。
【自】【(V)】:このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、あなたのパワー10000以下のハーツカードがあるなら、ドロップゾーンから【治】を1枚まで選び、手札に戻す。
【永】:このカードはすべての、国家とクランに属する。

 ファイターズコレクション2017で収録されたクレイエレメンタルGユニット

 1つ目の能力は、1ターンに1回、カウンターブラスト(1)で、元々のパワー10000以下のハーツカードがあるなら、1枚ドローし、パワー+5000を得る起動能力

 元々のパワー10000以下のカードハーツ化が必須となるが、1枚分のアドバンテージを稼ぎつつパワーを得られる。
 中々効率が良いので、自動能力を度外視して運用することも考えられる。
 ただし、【メガコロニー】相手ユニットが3枚以上ある場合はコスト無しで《毒槍怪神 パラスピアー》が同等以上のことをできるので、その場合は自動能力誘発を狙っていきたい。

 アタックヴァンガードヒットした時にパワー10000以下のハーツカードがあるなら、ドロップゾーンからヒールトリガーを1枚まで手札に戻す自動能力

 1つ目の能力と同様の要件ドロップゾーンからヒールトリガー手札に戻すことができる。
 誘発条件は厳しく、効果に対応するカードもかなり限定されているが、ヒールトリガーGガーディアンコストにできる為に防御力の大幅な増加を見込めるので、中々ガード強要力は高いといえる。

 ただし、誘発を狙える様なタイミングでドロップゾーンヒールトリガーが置かれているかは状況に依り、ドライブチェックダメージチェック等で出たヒールトリガートリガー効果等で偶発的にドロップゾーンに置かれた場合や序盤でガーディアンサークルコールした後に退却したヒールトリガーの再利用を狙うのが基本になりやすい。

関連カード

ユニット設定

惑星クレイを構成する幾多の要素、エレメンタル。「バランチャー」は現代ではなく、遥か未来の世界に誕生した、水と氷の属性の集合体「エレメンタル・オリジン」のひとつ。少女のような小柄な外見をしているが、並の精霊とは比較にならない、膨大な魔力の塊である。自然現象――即ち一部を除いたほぼすべてのエレメンタルには、表と裏の顔があるとされる。この「バランチャー」も山々に純白の雪化粧を施す表の顔と、すべてを呑み込む雪崩を引き起こす裏の顔を持つ。エレメンタルと対話し、意図を汲み取れるようになれば、自然災害の発生を抑制できるかもしれない……この仮説を信じ、各国の学者たちは今も辛抱強く彼らの研究を続けているのだという。

FAQ

  • Q3252 (2017-05-02)
    Q. 「このカードはすべての、国家とクランに属する。」は、どの領域でも有効なのですか?
    A. はい、有効です。
  • Q3253 (2017-05-02)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q3265 (2017-05-02)
    Q. 【ターン1回】の能力を持っているユニットが複数枚いる場合、どれか1つしか使えないのですか?
    A. いいえ、使えます。【ターン1回】の能力は、カードごとにそれぞれ各ターンに1回使うことができます。
  • Q3266 (2017-05-02)
    Q. 「ターン1回」のアイコンを持っていないほうの能力を使った場合、「ターン1回」の能力は使えますか?
    A. はい、使えます。

収録情報

スペシャル/コレクションファイターズコレクション2017G-FC04/073 RR イラスト/KIYA表の顔と裏の顔、あなたはどちらをお望みかしら?