《スチームスナイパー リシュマ/Steam Sniper, Lishma》

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
ギアクロニクル - ギアロイド パワー7000 / シールド5000 / ☆1
時翔 - 【自】【(R)】:[【ソウルブラスト】(1),手札から1枚選び、捨てる] このユニットがヴァンガードをブーストしたバトルの終了時、コストを払ってよい。払ったら、このユニットをタイムリープさせる。(バインドし、山札からグレード+1をコールし、シャッフル。ターン終了時、コールされたユニットを山札の下に置き、バインドされたカードをコール)
【自】【Gブレイク】(1)(あなたの(V)かGゾーンに表のGユニットが1枚以上で有効):[【カウンターブラスト】(1)] このユニットがバインドゾーンから(R)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、1枚引く。

 真生の十二支刻獣で収録されたグレード1のギアクロニクル

 1つ目の能力は、ヴァンガードブーストしたバトルの終了ソウルブラスト(1)と手札1枚のドロップで、自身をタイムリープさせる時翔自動能力

 基本的に1枚分のディスアドバンテージを負ううえ、中央列後列以外で利用できないものの疑似スタンドを狙うことができる利点は大きい。
 コストさえ払えるなら最速で2ターン目から利用できるので、2~3ターン目の段階で《スチームナイト カリブム》スペリオルコールして、先駆能力等でリアガードサークルスペリオルコールされた相手ファーストヴァンガードを1:1交換で処理するといったコンボも狙える。
 2ターン目で狙う場合には《ガジェットメイデン・マキ》等のライド以外によるソウルの補充手段が求められるが、自発的にフィールドから離れる前に高確率で処理できるので状況によっては《ラッキーポット・ドラコキッド》等を絡めた1:2交換になったとしても狙う意義だけの意義はある。

 また、ジェネレーションブレイク(1)が有効になった後なら、ユニットの重複処理等に注意すれば、2つ目の能力を利用することでもカード消費を1:1交換で相殺できる。

 2つ目の能力は、バインドゾーンからリアガードサークル登場した時にカウンターブラスト(1)で、1枚ドローするジェネレーションブレイク(1)の自動能力

 主にタイムリープで作成したターンの終了時限誘発誘発を狙うことになるが、《超刻龍 ファンロン》等でスペリオルコールしても誘発可能なのでそちらで狙う方法もある。
 スペリオルコールするリアガードサークルについては、1つ目の自動能力の利用を狙うのなら中央列後列スペリオルコールすると良いだろう。

関連カード

ユニット設定

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

  • モデルはシュメール王初期王朝時代のキシュ第1王朝の「ナンギシュリシュマ王」だろう。

FAQ

  • Q1863 (2016-09-29)
    Q. すでにユニットが置かれているリアガードサークルにもコールできるのですか?
    A. はい、できます。その場合、もともと置かれていたユニットは退却します。

収録情報